ここから本文です

石井一久GMが断行するチーム改革 “楽天に今何が起こっているのか?”

2019/12/14(土) 10:01配信 有料

週刊ベースボールONLINE

楽天&ロッテの2球団が今オフの移籍戦線をにぎわす一方で、これまで主役の座に君臨してきた巨人はまさかの“大敗”を喫した。はっきりと明暗が分かれた各球団に、いったい何が起こっていたのか。ここでは石井一久GMが剛腕を振るう楽天を解き明かす。
写真=井沢雄一郎


 古くからの楽天ファンにとっては、本当に悲しいオフだったろう。去る10月15日、平石洋介前監督が球団事務所を訪問し、球団側に今季限りでの退団を申し入れた。

 2018年途中から指揮を執り、同年最下位だったチームを3位に引き上げた同監督。球団の生え抜き選手としては初となる一軍打撃コーチなどを歴任後、19年シーズンからは生え抜き選手として初めて一軍監督に就任した。選手時代から長きにわたってイーグルスを支えてきた功労者の退団発表を、多くの人が嘆いた。

 ファンにとって衝撃的なニュースは続いた。同月下旬には、どの選手からも信頼されていた嶋基宏が退団を表明。ファン感謝祭では「平石さんも嶋さんもいなくなるなんて、本当に悲しい」と目頭を抑える女性ファンもいた。チームの顔とも言える偉大な功労者2人が仙台を離れる決断を下したことを、嘆く気持ちは分からなくもない。

 ただ、昨秋に就任した石井一久ゼネラルマネジャー(GM)には一つの信念がある。「イーグルスが中長期的に優勝を目指せるチームにする」という思いを出発点にして、改革を推し進めることだ。

「中長期的に優勝を狙うチームづくり」を行う上で、今季足りなかった・・・ 本文:2,233文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:2019/12/14(土) 10:55
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る