ここから本文です

道の駅ランキング 「グルメ」「買い物」「遊び」で行くオススメは?

2019/12/14(土) 11:40配信

Auto Messe Web

多様化する全国1160箇所ある“道の駅“

 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が、20代~70代の男女1,150名を対象に「道の駅」に関するアンケートを実施。その結果、「グルメ編」「買い物編」「子連れ編」をテーマにおいて人気のスポットが判明しました。帰省や旅行でハンドルを握る人が増える年末年始、立ち寄りたくなるオススメの「道の駅」が紹介しましょう。

道の駅で開催されている催し物【画像】

 ドライブ中の楽しみのひとつである「道の駅」。国土交通省によると令和元年6月19日までに1160駅が登録されていますが、地場の魅力だけでなく、いまでは利用者ニーズにあわせて独自の個性を持たせた展開を行なうところも増えているようです。

【グルメ編】ご飯を食べるのにオススメの「道の駅」は?

 ドライブの途中で立ち寄るとすれば、やっぱり気になるのは「グルメ編」。ご当地名産物はもちろんのこと、大人から子供まで美味しいものを食べるということは楽しみのひとつです。

 ご飯を食べるのに最もオススメの「道の駅」順位として、1位は群馬県の「川場田園プラザ」、2位には同数で「どまんなか たぬま」「許田 やんばる物産センター」がランクインしました。

 群馬県にある「川場田園プラザ」は、広大な敷地内に様々なレストランが入っていることが人気で、川場の名水を使ったそばや川場村のブランド米「雪ほたか」を楽しめます。

 2位の「どまんなか たぬま」は、地元である栃木産の新鮮野菜を使った本格的な中華料理が味わえるそうで、「ここの中華が美味しい」との意見が多いとのこと。また、「許田 やんばる物産センター」は、沖縄そばやステーキなどが安くて美味しいといった声が集まり、沖縄ならではのグルメが食べられるフードコートに人気を集めているようです。

 話のネタになるような「美味しい」を体験して見たいと思うのは世の常。好みはあるといっても、その考えは老いも若きも同じなのかもしれませんね。

【買い物編】買い物をするのにオススメの「道の駅」は?

 それから、ドライブや旅行などに欠かせないものといえば、お土産も含めたショッピング。となれば「買い物編」も気になるわけで、オススメの道の駅スポットをご紹介しましょう。

 まずは「買い物編」のランキングから。1位は福岡県の「むなかた」、2位は群馬県の「川場田園プラザ」、3位は東京都にある「八王子滝山」と沖縄家の「許田 やんばるセンター」がランクインしました。

 トップの「むなかた」については、玄界灘の荒波で揉まれた活きのいい海産物と、宗像の自然の恵みで育まれた農産物を豊富に取り揃えていることが高評価。公式サイトでも時期に合わせた旬の海産・農産物や本日の入荷状況を確認することができます。

 惜しくもトップと1票差だった「川場田園プラザ」は、川場の良質な素材から創るやさしい味が自慢の田園プラザベーカリーの焼きたてパンがおいしいと評判。3位に入った「八王子滝山」は東京都で唯一の道の駅であり、都心で新鮮な野菜が買えること、同じく3位の「許田 やんばる物産センター」は珍しいものが多く、見ているだけでも楽しいことで人気を集めているそうです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/14(土) 11:40
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事