ここから本文です

【K-1 KRUSH】菅原美優、真顔から一転して笑顔のガッツポーズで計量パス

2019/12/14(土) 15:39配信

ゴング格闘技

2019年12月15日(日)東京・後楽園ホール『K-1 KRUSH FIGHT.109』の前日計量&記者会見が、14日(土)都内にて13:00より行われた。

【写真】菅原、計量パスで笑顔のガッツポーズ

 第2試合で対戦する、本NJKFミネルヴァ・アトム級王者C-ZUKA(T-GYM)は44.8kg、菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)は44.7kgでリミットの45.0kgをパス。

 デビュー前からメディアで取り上げられるなど注目を集めていた菅原は、今回が本戦初出場。第5回K-1アマチュア全日本大会チャレンジBクラス女子-50kg優勝、第6回・第7回K-1アマチュア全日本大会チャレンジBクラス女子-45kg優勝の実績を引っ提げて2019年1月にプロデビュー。プレリミナリーファイトで豊嶋里美から左フックでダウンを奪ってKO勝ち、2戦目は延谷美智子にKO負けを喫するが、3戦目でチャン・リーに判定勝ちしてプロ戦績を2勝1敗とした。

 4戦目となる今回、対戦相手のC-ZUKAは2016年10月に王座決定戦を制してNJKFミネルヴァ アトム級王者となり、同王座は2017年9月の防衛戦で敗れ失った。2018年1月からはKRUSHに参戦し、これまでK-1 JAPAN GROUPでの戦績は2勝2敗。前戦では高梨knuckle美穂との第2代K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級王座決定戦に敗れて王座を逃している。戦績は6勝(1KO)6敗1分。

 オシャレなウェアで計量に臨んだ菅原は、計量をパスすると真顔から一転、満面の笑顔を浮かべてガッツポーズ。ジャンプするようにして秤から降りた。今回が美容学生として最後の試合になるという。

 一方、実績で優るC-ZUKAは厳しい表情のまま計量をパス。13戦のキャリア、そして元王者として4戦目の選手に負けるわけにはいかないとの気迫が見て取れた。

最終更新:2019/12/14(土) 15:39
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事