ここから本文です

【K-1 KRUSH】島野浩太朗「果し合いのような試合になる」SATORU成合「真っ向勝負でぶつかっていきたい」

2019/12/14(土) 17:05配信

ゴング格闘技

2019年12月15日(日)東京・後楽園ホール『K-1 KRUSH FIGHT.109』の前日計量&記者会見が、14日(土)都内にて13:00より行われた。

【写真】計量でも気迫あふれる表情の島野

 第6試合のスーパー・フェザー級3分3R・延長1Rで対戦する、第7代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者・島野浩太朗(菅原道場)とSATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)は、共に59.9kgでリミットの60.0kgをパス。

 計量後の会見で成合は「明日は島野選手も強い選手なので挑戦する気持ち。今回一番不安要素もデカいですが、それもぶっ飛ばして真っ向勝負でぶつかっていきたい」と宣戦布告。島野は「3月ぶりのKRUSHになりますが、最高の調子で迎えることが出来ました。調整に携わってくれた会長と関係者に感謝します。明日は全身全霊でKRUSHのリングに臨みます」と意気込む。

 島野は「前回タイトルマッチでの敗戦だったんですが、ずっと目標にしていたタイトルを半年間で奪われてしまって。その敗戦と徹底的に向き合って、変えていける部分はどこなのかなと、一からじゃないですが端から端まで修正して仕上げてきたつもりです」と、自分を作り直してきたという。

 さらに「このカード発表会見の時、成合選手と隣に並んで並々ならぬ覚悟、気迫を感じました。簡単に倒れる選手ではないというか、簡単に終わる試合じゃない、厳しい戦いになると覚悟して準備してきました。でも自分もこれ以上ないくらい仕上がっています。だから自信満々に臨みたい。前に進みたい者同士、明日は果し合いのような試合になる。そして自分が必ず前へ進みます」と、この試合に懸ける気持ちを語る。

「前回並んだ時に武者震い、気迫を感じました。今は計量が終わって回復に集中していると思いますが、明日は間違いなく最高の状態で臨んでくると思うので、自分もそこで全身全霊で臨みたいと思います。KRUSHらしい決着が付くと思います」

 成合も「僕も勝つ気満々なので全力で楽しんでバチバチの打ち合いをしたい。チャンピオンクラスのトップ選手なので、下手な対策や技術云々を短い期間で上げるのは難しい。僕なりに練習して、しっかり打ち合う体力や気持ちをつけてきたつもりです」と、激闘を予感しているようだ。

 続けて島野は「この一戦に懸ける者同士、極端な言い方ですが後がない。この一戦に全てを懸ける者同士の戦いになると思っています。その覚悟で今日まで仕上げてきました。最後の調整をして絶好調でリングに上がります」との意気込みを話した。

最終更新:2019/12/14(土) 17:05
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ