ここから本文です

嵐 櫻井翔、あらゆる場面で“対応力”を発揮 『アンガーマネジメント大賞』を機に振り返る

2019/12/14(土) 6:06配信

リアルサウンド

 12月11日に第5回『アンガーマネジメント大賞2019』の結果が発表され、嵐の櫻井翔が「今年上手に怒りの感情をコントロール・対応した有名人」の1位に選ばれた。

 「アンガーマネジメント」とは怒りの感情をコントロールするための心理トレーニングで、その普及を目的として一般社団法人日本アンガーマネジメント協会が毎年行っている企画が同賞である。今回の受賞は1月27日に、嵐が2020年末をもって活動休止することが発表された会見の中で、記者から「“無責任じゃないか”という指摘もあると思う」という質問に関し、櫻井が「無責任かというご指摘に関しましては、およそ2年近くの期間をかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です。なのでそれが届くようにこれからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動をもってそれが無責任かどうか判断いただけたらと思っています」と冷静沈着に応答したことが評価の対象になったという。会見後に自らキャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)に出演した際には、会見での発言に触れ「私たちが一番伝えたかった誠意に関してお話ししているので、自分の中での温度が少し上がったというのはあるかもしれないです」と分析。「ただ、あのご質問をいただいたおかげで、結果としてきちんと我々の思いの丈が温度を乗せて伝えることができた」とし、「先ほどの質問も含めて、ほかにもいろんな角度からの質問をしていただけて、お伝えすることができて、それは本当によかったです」と批判が集中していた記者を思いやるように感謝の言葉を口にした。

 日本中が注目する国民的アイドルグループの活動休止という発表会見にのぞむ当事者として、大きなストレス、プレッシャー、緊張感の中で適切な言葉を選び、毅然とした対応をした櫻井の高い対応力の背景には一体何があるのだろうか。SNSや番組などの言動を振り返りながら考えてみたい。

1/2ページ

最終更新:2019/12/14(土) 6:06
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事