ここから本文です

相棒カバーニとの連係から“稲妻シュート”。ナポリ復活の功労者が現役引退

2019/12/14(土) 12:32配信

フットボールチャンネル

 元アルゼンチン代表のFWエセキエル・ラベッシが、現地時間13日に現役引退を表明した。UEFA公式ツイッターが、ナポリ時代の同選手のゴールを動画で紹介している。

【動画】カバーニとの“ゴールデンコンビ”でラベッシ弾さく裂

 「エル・ポチョ(稲妻)」の愛称で知られるラベッシは、母国を出たあと、2007年からナポリに所属。エディンソン・カバーニ、マレク・ハムシク、そしてラベッシという豪華攻撃陣を擁し、ナポリはセリエAの強豪という地位を取り戻した。

 UEFAが紹介したのは、2011/12シーズン・チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のゴール。チェルシーと対戦したナポリは、カバーニとラベッシのホットラインで2ゴールを挙げるなどして3-1で先勝した。

 ラベッシが得意としたカットインからの右足のコントロールシュートを目に焼き付けよう。

最終更新:2019/12/14(土) 12:32
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事