ここから本文です

この10年間に起こった、英国王室のもっとも記憶に残るベストモーメント5選

2019/12/14(土) 23:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

英国王室はこの10年間、たくさんのトピックスで私たちを楽しませてくれた。キャサリン妃とウィリアム王子のロイヤルウェディングをはじめ、エリザベス女王の即位60周年やアーチー君の誕生など、その一挙一動がニュースになる注目度の高さ。そこで記憶に残るあの瞬間をアーカイブ写真と共に振り返ってみよう。

【写真】ファンが捉えた、見たことのないロイヤルファミリーの瞬間

ケンブリッジ公爵夫妻の結婚式(2011年)

ウィリアム王子は2011年4月29日、8年間の交際を経てガールフレンドのキャサリン・ミドルトンと結婚。ウエストミンスター寺院で執り行われた式はイギリス国内で263万人が、合計では3670万人が少なくとも部分的には中継を見た。全世界で20億人が見たという報道もあったが、この数字は誇張だと思われる。当日は祝日となり、イギリスでは5000か所でストリートパーティが開かれ、お祝いした。

花嫁はアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)のドレスを着用。デザイナー名は当日まで秘密が守られ、ブランドの評価が高まるとともにクリエイティブディレクター、サラ・バートンの名前はインターナショナルに認知された。ロイヤルカップルには後にケンブリッジ公爵夫妻の称号が与えられた。

エリザベス女王即位60周年(2012年)

2012年2月6日、エリザベス女王は、君主としては2人目の即位60周年のダイヤモンド・ジュビリーを祝った。様々な祝賀行事が行われた中でもっとも有名だったのが、テムズ・ページェント(Thames Diamond Jubilee Pageant)。1000槽の船がイギリス国内はもとよりコモンウェルス諸国や世界中から集まり、チェルシーからタワーブリッジまで約7マイル(約11km)を航行した。

エリザベス女王はフィリップ殿下、チャールズ皇太子、カミラ夫人、ヘンリー王子、ケンブリッジ公爵夫妻とともに、1万本の花で飾られたロイヤル・バージ(Royal Barge)に乗船。女王に敬意を表して行われ、テレビ中継されたダイヤモンド・ジュビリー・コンサートにはカイリー・ミノーグやガリー・バーロウ、エルトン・ジョン、シャーリー・バッシー、ポール・マッカートニー、スティービー・ワンダーらが出演した。

1/3ページ

最終更新:2019/12/16(月) 11:33
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事