ここから本文です

『スカーレット』、戸田恵梨香が熱演する“生活者”としての浮かれない生き方

2019/12/14(土) 8:00配信

週刊女性PRIME

 絶好調の連続テレビ小説『スカーレット』。戸田恵梨香演じるヒロイン・川原喜美子が、陶芸の魅力に魅せられ、物語はさらに加速していく。ドラマの誕生からかかわる制作統括・内田ゆき氏と、チーフ演出を務める中島由貴氏に、撮影の裏話から見どころまで、まるっと解説していただきました!

【写真】お団子頭とラフなシャツ姿で西瓜を食べる喜美子ほか

描きたかった“朝ドラ”

「これまで“朝ドラ”にはさまざまな主人公がいましたが、私がやりたいのは人生の一時期だけを描くのではなく、半生を描いた作品。また、誰かを助ける人ももちろん素敵ですが、自分の手で何かを成し遂げる人をやりたいと。

 今回は陶芸家ということで、喜美子自身が自分の手で作品を作り上げ、しかも焼き上がりを見たら予想外の色になっていることもある。まるで陶芸とは、人生のようだなと思ったんです」(内田ゆき制作統括、以下、内田)

“生活者”へのこだわり

「陶芸家になるお話なので、普通は芸術家っぽい展開になりがちだとは思うんですが、今作ではなるべく“生活者”としての描写を大切にしたいと考えています。例えば会話しているシーンでも、ただ立って話しているのではなくて、何か作業をしながら話すなど、日常を生きている人を描く、ということに重きを置いています。

 才能だけで、周りから上げ膳据え膳され生きてきた主人公を描くのではなく、日々の生きざまや人間関係など、ディテールをより丁寧に作ろうと」(中島由貴チーフ演出、以下、中島)

印象に残っているシーン

「私はそれぞれの家族のシーンがとても好きですね。川原家はもちろん、信作の大野家や照子の熊谷家など、周辺家族の親の職業や子どもたちの環境がこまやかに描かれることによって、より川原家も豊かに表現されているんです。メインストーリーにはかかわらなくても、彼らがいるからこそ、喜美子がより輝くのかなと思います」(内田)

「クランクインが琵琶湖でのシーンだったんですが、雪が降ってきてしまって、撮影を一時中断したんです。そのときに、北村(一輝)さんと富田(靖子)さんが、ほぼドラマが初めての子役さんたちと仲よくなって、子どもたちの心をほぐしてくださったのがすごく印象的でした。

 また、喜美子が大阪に行ってしまう前に風呂焚きをしながらお父さんと話すシーンは、あまりにも感動してしまって、撮影直後に戸田(恵梨香)さんに“すごくよかったよ!”と声をかけてしまうほどでした」(中島)

1/2ページ

最終更新:2019/12/14(土) 8:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事