ここから本文です

アップルウォッチで不整脈発見できる? 40万人超で調査


2019/12/14(土) 8:30配信

Forbes JAPAN

アップルウォッチは心房細動を正確に検出できるか?

研究者たちがこの問いに答えるための調査をしていると初めて耳にした時、筆者はとてもじゃないが結果に期待を持てなかった。手首に巻くだけの単純なデバイスで不整脈を見つけられるだって? いくらなんでも単純すぎるだろう。

ところが、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」にこのほど発表された調査結果は、アップルウォッチは実際にそうできるという、かなり説得力のある証拠を示すものだった。

心房細動(や心房粗動)は米国でも最もよくみられるタイプの不整脈で、毎年、米国人およそ600万人に起きている。同誌に掲載された論文によれば、一生のうちに心房細動に見舞われる人は3人に1人に上るとも推定される。心房細動はそれ自体は必ずしも問題にならないものの、脳卒中のリスクを大幅に高める恐れがある。たが、心房細動が起きても気づかない人も多いので、簡単な検出方法が実現すれば医療面で非常に役立つものになる。

今回の調査研究は規模がとても大きく、41万9297人の被験者を約4カ月にわたってモニターした。これほど多くの人に調査に参加してもらえるのは、アップルウォッチのような人気製品を持つアップルくらいだろう。やろうとしたことはいたって単純だった。アップルウォッチを利用して、心房細動や心房粗動の兆候の可能性がある脈の乱れを見つけ出す、というものだ。

調査の過程では、被験者の約0.5%に当たる2161人のアップルウォッチから、少なくとも1回の不整脈が報告された。これらの被験者にはパッチ型の心電計を送って数日間つけてもらい、実際に振動細動が起きているかどうかを調べた。その結果、心電計をつけて記録し、必要なアンケートにも回答し、心電計を返却した450人のうち、34%が実際に心房細動を発症していることが確認された。一時的な症状の人もいたが、中にはほぼ継続的な症状の人もいた。

研究では、アップルウォッチの「誤検出率」、つまり、実際には心房細動や心房粗動は起きていないのに不整脈を報告していた比率も割り出そうとした。チームは、心電計をつけた被験者のアップルウォッチから送られてきた報告をすべて評価した。すると、アップルウォッチからの不整脈についての報告の71%は、同時に心電計でも心房細動として記録されていたことが判明した。残りの29%も異常を告げるもので、うち4分の3は「頻繁な心房期外収縮」によるものだったことも分かった。

つまり、全体的に見て、アップルウォッチによる検出は驚くほど正確で、誤った率は感心するほど低かった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/14(土) 8:30
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事