ここから本文です

ザギトワ、活動休止は1年半前から相談 コーチ「スケートを続けるよう説得を試みた」

2019/12/14(土) 9:33配信

THE ANSWER

GPファイナルで最下位、ザギトワ「私はどこにも行きません」

 フィギュアスケートで2018年平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)は13日、今月下旬のロシア選手権に出場せず、一時的に活動休止することを発表した。ロシアメディア「russian.rt.com」では、エテリ・トゥトベリーゼコーチのコメントを紹介。「彼女にスケートを続けるよう説得を試みました」と語っているという。

【比較画像】こんなに背が伸びていた? 「少女」から「女性」に成長、その過程は…14歳ジュニア時代→15歳平昌五輪→17歳現在のザギトワの実際の写真

 五輪女王がリンクを離れる。同メディアでは「『競技したいという気持ちを取り戻したい』。スケート女王のザギトワがキャリアを休止」の見出しを打って報道。記事では、ザギトワが13日にリポーターに対し「私はどこにも行きません」「私は氷上にとどまります。トレーニングも続けます」と語ったという。

 記事によると、トゥトベリーゼコーチとは1年半前から活動休止の可能性について話し合っていたようで、同コーチはこの発表に驚きはないという。さらに「彼女は非常に美しく滑ります。彼女は氷上でとても美しいので、すべてのコーチングスタッフが彼女にスケートを続けるよう説得を試みました」と同コーチのコメントを紹介した。

 先週のグランプリ(GP)ファイナル女子では、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高の合計得点で優勝。トゥトベリーゼコーチの教え子3人で表彰台を独占した一方で、同門のザギトワはよもやの最下位。ロシア国内ではザギトワに引退すべきだという声が上がっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2019/12/14(土) 12:04
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事