ここから本文です

女性5人組ダンスヴォーカルグループCHERRSEE 新曲発売!

2019/12/14(土) 15:00配信

ウォーカープラス

女性5人組ダンスヴォーカルグループCHERRSEE(チェルシー)が初のミュージックカードでの新曲『Call me babe』を12月18日にリリース。新曲について、メンバーの5人にインタビューしました。

【画像を見る】韓国で曲を制作してきた、女性5人組ダンスヴォーカルグループCHERRSEE

ーー『Call me babe』はどんな曲なのでしょうか。

【MIYU】この曲は、好きな人の元へならばすぐにでも飛んで行くよという、恋するときの心が弾む気持ちを表現した楽曲になります。その楽曲を髪の色だったり衣裳だったりで、メンバーがぞれぞれ表現しています。

私たちの髪の色も衣裳も、ミュージックビデオのセットも、すごいカラフルで、ポップで明るい雰囲気になっています。

ーーどんな気持ちで『Call me babe』を歌っていますか。意識されていることがあれば教えて下さい。

【AIRI】好きな人のところにすぐに飛んでいっちゃうかわいい女の子って感じですので、明るく歌っています。あとは、頼られている女の子って感じもするので、ちょっとクールなところを見せたりするようなラップ調のところもあります。かわいさとクールさを組み合わせたような歌い方をしています。

ーー歌詞で好きな部分を教えて下さい。

【YUMA】サビで、「どこに行ってもすぐに飛んで行くよ」という歌詞があるんですけど、私は好きな人の元へ飛んで行けるタイプではないので、共感しているのではなく、すごいかわいらしい女の子だなと感じています。私は、好きなら会いに来てよってタイプなんです(笑)。

ーーそうなんですね。違うタイプだからこそ、より意識して歌えそうですね。他のメンバーにも、どちらのタイプか聞いてみたいです。

【MIYU】私もYUMAちゃんと一緒で、好きな人に呼ばれても行かないですね、会いに来て欲しいと思って待っちゃうタイプです。

【AIRI】AIRIは、好きな人のところへ飛んでいくタイプです。むちゃくちゃ共感できました。

【NENE】私は好きな人のところへがっつりどこにでも飛んでいきます!

【LENA】両想いだったら、好きな相手でも飛んでいかないタイプですけど、片想いだったら飛んでいきます。飛んでいかないと、相手が私に興味がなくなってしまいますから。

ーーメンバーそれぞれタイプが違っていておもしろいです。曲のプロデュースを韓国でされたそうですが、印象に残っていることを教えて下さい。

【NENE】前回の制作チームと同じチームで今回も制作しましたので久しぶりの再会がうれしかったです。アットホームな雰囲気で取り組めたので、すごく心地よくて、そのよさがこの曲にもでているのかなって思っています。

ミュージックビデオの撮影日がLENAさんの誕生日だったので、メンバーだけでなくスタッフさんも一緒にお祝いしたのもいい思い出です。

【LENA】NENEちゃんが言ったように、ミュージックビデオの撮影日が私の誕生日だったので、ちょっと期待していたら、NENEちゃんが誕生日ケーキを持ってきてくれたのでうれしかったです。

メンバーみんなダイエットしているんですけど、私の誕生日ですので、チキンとか好きなものを注文してみんなで食べたのも楽しかったです。

ーー今回もダンスに力が入っていると思いますが、どんなダンスか教えて下さい。

【MIYU】『Call me babe』と何度も繰り返し歌うところのダンスがポイントになっています。CHERRSEEのダンスはみんなにマネしてもらいやすいダンスが必ず入っているので、今回は、香水をつけるダンスとか、手を前にしてフリつけるダンスとか、宝ものを開けるダンスとか、すごいかわいいです。

今までと違う部分は、これまでは“踊る”という感じのダンスでしたが、今回はストーリーになっているようなダンスで、フォーメーションが結構重要だったり、いつもよりは少しダンスっぽさを抑えて、よりキャッチーなんじゃないかなって思います。

【AIRI】LENAさんがラップで“世界の七不思議”を歌いながら、1~7まで“世界の七不思議”手で振付けているのも注目して下さい。

ーーミュージックビデオも韓国で撮影されたんですよね。

【YUMA】はい。私とMIYUさんがふたりで一緒に歌うパートがあるんですけど、かわいい振りをふたりで一緒にやっているので、ぜひリリースイベントなどで見ていただきたいです。ミュージックビデオは韓国のコスメショップで撮影しました。

【NENE】ミュージックビデオはワンカットで撮っているシーンがあります。初めてのことですごく大変だったんですけど、かなり面白い感じになっていますのでぜひ見て欲しいです。

ーーMUSIC CARDに収録されている『WISH YOU』はどんな曲なのでしょうか。

【NENE】CHERRSEEにとっては初めての、両想いを歌った曲になります。曲調も歌詞もキラキラした感じを表現している楽曲なので、すごく私も大好きな曲です。CHERRSEEの曲のなかでもいちばんキュンキュン度が高い曲になっています。ストーリーになっている曲で、ここで両想いってわかる部分があるんです。

ーー『WISH YOU』はどんな気持ちで歌っていますか。

【LENA】この曲の女の子は、好きな人がいても好きって言えないんです。私は好きだったら好きって言ってしまうので、この曲の子とは違うかなって思います。ですので、ちょっと意識して強めに歌いました。

【MIYU】初恋を思い出すような歌詞だなって思いました。初めて相手を好きなった時に、相手からも好きって言われてキュンキュンするような感じです。私の歌うパートで、「相手に好きって言われた」という歌詞があるんですけど、初めて歌詞を見たときに、それだけでキュンキュンしました。

【AIRI】初々しいカップルの曲だなって思います。女の子が両想いとわかっているんですけど、相手の気持ちがちょっとわからなくて悩んでいるときに、相手から好きって言われてむちゃくちゃ舞い上がってしまうような曲です。

みんなもそういう経験はあると思うので、私も「いいないいな」と思いながらそういう感じで歌っています。

【YUMA】『Call me babe』と違って、この曲はちょっと弱気な引き気味な感じの女の子の曲だと思って、恋愛っていいなと思って歌っています。恋愛しないとこういった感情は湧かないと思うので、本当にいいなと思います!

撮影=槇野翔太

(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

最終更新:2019/12/14(土) 15:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事