ここから本文です

戸田恵子が語る三谷幸喜の“口説き文句”「何がそんなに不安ですか?」

2019/12/14(土) 17:25配信

ザテレビジョン

12月13日に放送された「A-Studio」(TBS系)に、戸田恵子がゲスト出演。テレビドラマへ進出するきっかけとなった三谷幸喜氏との縁について語る場面があった。

【写真を見る】声優仲間の“登場”に大笑いする戸田恵子

幼少期に子役として芸能活動を始めた戸田は、歌手、舞台女優、声優など幅広いジャンルに挑戦してきた。

そんな戸田が本格的にテレビドラマに出演したのは40歳を迎える1997年のこと。三谷氏が脚本を手掛ける「総理と呼ばないで」(フジテレビ系)で、田村正和演じる総理大臣の秘書役に抜てきされた。

三谷氏は戸田の大ファンで以前から戸田が出演する舞台に足しげく通っていたとか。

自分の演技をずっと見てきてくれた三谷氏からのオファーだったが、戸田はその時の心境を「40歳になる年に新しいことをやるのはものすごい勇気がいる」と振り返る。

オファーされた作品が田村正和主演作というプレッシャーもあり、戸田は「もうどうしよう…と思って。最初は丁重に辞退申し上げた」とか。

それでも三谷氏は「何がそんなに不安ですか?」と戸田に食い下がり、「このドラマには戸田さんが知っている舞台の役者さんもたくさん出ます。ずっと見てきた僕が書いてるので、どうぞ安心してやってください」と戸田を説得。

三谷氏に口説き落とされて出演を決めた戸田は、その後も数々のテレビドラマで名バイプレーヤーとして活躍を続けている。

放送終了後のSNS上では「年齢がいくつであろうとチャレンジすれば道は拓けるのかも」「62歳の今もこんなにエネルギッシュで魅力的です」「声優、舞台、ドラマ、映画…全部合わせたらものすごい出演本数になりそう」などのコメントが寄せられていた。

次回、12月20日(金)放送の「A-Studio」には、木梨憲武がゲスト出演する予定。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/14(土) 17:25
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事