ここから本文です

鶯籠、デビューシングルの作詞は“ふなっしー”が担当!LIQUIDROOMにて2ndワンマン開催決定

2019/12/14(土) 7:00配信

ザテレビジョン

5人組アイドルユニット・鶯籠(とりかご)が12月13日、東京・TSUTAYA O-WESTにて、ワンマンライブ『梨 2019 vol.2』を開催。本ライブにて、2020年2月19日(水)にリリースとなるメジャーデビューシングル『FLY HIGHER AGAIN』の歌詞を船橋市非公認ご当地キャラの“ふなっしー”が手掛けたこと、来年2月7日(金)に東京・恵比寿LIQUIDROOMにて2ndワンマンライブ『修羅場』が開催されることがサプライズ発表された。

【写真を見る】圧巻のライブ画像16枚 他アーティスト写真

また、『FLY HIGHER AGAIN』の作曲には“RENO(ex.ViViD)”、さらにアレンジ協力としてIKUO(BULL ZEICHEN88/Rayflower)がベースアレンジ、ドラムは淳士(ex.SIAM SHADE/BULL ZEICHEN 88)が担当する。RENOは2月7日(金)の2ndワンマンライブ『修羅場』にギタリストとして一部ゲスト参戦することも決定している。

■ ライブレポート

シリアスな『overture』のBGMと共に鶯籠のメンバーがステージに登場。『泪』『JAM』『嘴』を3曲連続でパフォーマンスし、フロアの熱気を徐々に上げていく。曲明けのMCでは、駄好乙が「引き続き、ライブは続くんですけど、今日はみなさんの記憶にしがみつくようなライブをしたいと思います」と意気込みを話し、6曲連続のパフォーマンスへ。

『B突堤』『流転』『赤い春』といった独特の雰囲気をまとった楽曲から、『鶯演義』『自分で蒔いたの。種を。』『透明人間』へと次々につながっていく。

勢いよくパフォーマンスをした後、「ところでみなさん、今日は何の日だったか覚えていますか?」と駄好乙がメンバーとフロアに問いかける。これまで詳細が伏せられていたメジャーデビューシングルの発表の日ということに触れ、「ここで見てもらいたい映像があるんですよ。映像よろしくお願いします!」の合図とともにスクリーンから突如“ふなっしー”からのコメント映像が流れる。

映像のふなっしーから「実は今回、鶯籠のメジャーデビューシングルの歌詞をふなっしーが書かさせて頂きましたなっしー」と衝撃のコメントが。ざわつくフロアを置き去りに、メジャーシングルの表題曲となる『FLY HIGHER AGAIN』の初披露へ。

ばんぱいあが先ほどのふなっしーの告知映像に触れ「何あれは?(笑)」と率直な感想をこぼす。

からあげからは「ふなっしーって飛ぶから、FLY HIGHER AGAINって意味かと思った」などメンバーから動揺が隠せないコメントで溢れた。

駄好乙からは「ツアーファイナルでキングレコードからメジャーデビューを発表して時間がかかってしまったんですけど、無事発表できました。本当にありがとうございます」とこれまで支えてくれたファンへの感謝を話した。そのままファンとの記念撮影を行い、本編は終了。

アンコールでは、再びメジャーデビューシングルの『FLY HIGHER AGAIN』、そして『GOMIBAKO』を披露。フロアが更に熱気に包まれた。

その後、今回のライブの感想として、からあげは「メジャーデビューから鶯籠は変わるんじゃないかと言う人がいるかもしれませんが、信じてついてきてください!それだけです!」と話し、ばんぱいあは「今日始めて披露した『FLY HIGHER AGAIN』という武器を手にして、鶯籠は少しずつ進んでいけたらなと思います」と話した。

続いて、からあげの「本日は2つお知らせがありまして…」という切り口から、『FLY HIGHER AGAIN』発売記念リリースイベントの開催と、2020年2月7日(金)に恵比寿LIQUIDROOMにて2ndワンマンライブ『修羅場』が開催されることが発表された。駄好乙は「恵比寿LIQUIDROOM、絶対に埋めたいと思います。ぜひみんなの力、貸してください。よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。来年の大きな目標を掲げ、『梨 2019 vol.2』は幕を閉じた。

■ 梨 2019 vol.2セットリスト

M1.overture

M2.泪

M3.JAM

M4.嘴

MC

M5.B突堤

M6.流転

M7.赤い春

MC

M8.鶯演義

M9.自分で蒔いたの。種を。

M10.透明人間

MC

M11.FLY HIGHER AGAIN ※初披露

EN1.FLY HIGHER AGAIN

EN2.GOMIBAKO

■ ふなっしーコメント

実は今回、鶯籠のメジャーデビューシングルの歌詞をふなっしーが書かさせて頂きましたなっしー♪

同じ船橋出身の駄好乙から「メジャー1発目の歌詞を頼む」って言われちゃって、「え!はじめてなのにいきなり歌詞!」って思っちゃったけど、ふなっしーは同じ船橋出身なのでぜひやらしてもらおうかなと思ってね、今回やらせてもらいましたなっしーよー♪

この歌詞は駄好乙はじめ鶯籠のみんなが、地下アイドルから更に高みへ、メジャーデビューして飛んで行くということをイメージして書きましたなしねー♪  FLY HIGHER AGAIN、更なる高みへという感じで書きました。いやー気に入ってくれると良いなしなー♪

■ RENO(ex.ViViD)コメント

今回FLY HIGHER AGAINを書き下ろさせて頂きましたRENOです。昨今デジタルサウンドが流行している中で、今回のテーマとして人間力だったり泥臭さを表現したく敢えて生楽器のみで仕上げました。

激しいサウンドの中にキャッチーなメロディラインを意識して何回聴いても飽きないような楽曲構成になったと思います。少し懐かしさも感じられる雰囲気もありながらテクニカルなフレーズで展開していくことで、楽器のかっこよさも伝えられたらなと思います。そして何より人間味あふれる彼女達の魅力をより沢山の方に広めていけるような曲になってくれたら嬉しいです!

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/14(土) 7:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事