ここから本文です

<横浜流星> 『はじこい』ゆりゆり&『よんまり』藍…2作の“受験生”役で見えた進化の証

2019/12/14(土) 12:17配信

ザテレビジョン

福士蒼汰主演ドラマ「4分間のマリーゴールド」(“よんまり”、TBS系)が12月13日に最終回を迎えた。大切な人を想う気持ちの強さ、マリーゴールドの花言葉に託された「生きる」のメッセージを視聴者に訴えかけたラストに、SNSでは感動の声が渦巻いた。

【写真を見る】“ゆりゆり”といえばピンク髪!“無敵ピンク”が懐かしい…!!

そんな『よんまり』で注目を集めたのが、花巻家の末っ子・藍を演じた横浜流星だ。大注目の1年を経て“2019年の顔”と評される横浜。“料理男子”としても注目された今作で今年2度目の“受験生役”を演じ、俳優としての進化を垣間見せた。

■ 大活躍で受賞ラッシュだった2019年

横浜は今作で、実年齢23歳ながら進路や家族の問題に悩む高校生を爽やかに演じ、料理はほぼ初挑戦といいつつエプロン姿で手慣れた料理所作も披露。花巻家の食卓シーンで並ぶ料理は「#藍ごはん」のハッシュタグで毎回SNSをにぎわせた。

そんな横浜は、今年1月期に出演した連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(“はじこい”、TBS系)で演じた、髪をピンク色に染めた不良高校生“ゆりゆり”こと由利匡平役で一躍注目を集めたことが記憶に新しい。

匡平が深田恭子演じる15歳年上のアラサー塾講師・春見順子に思いを寄せながらも、その思いを必死に押し殺して東京大学受験にまい進するストーリーで、自分の思いに真っすぐな高校生を鮮烈に演じた横浜。「先生、ご褒美ください」「タメでも絶対見つけてたよ」といった甘いセリフや“舌ペロ”“40秒ハグ”などの胸キュン仕草が女性ファンの心をわしづかみにした。

“はじこい”をきっかけにお茶の間の人気を獲得した横浜は、一気にスターダムを駆け上がった。

“はじこい”スタート前は15万人ほどだったInstagramのフォロワーは今や140万人超と、この1年で約10倍増。出演ドラマ「あなたの番です―反撃編―」(日本テレビ系)でも話題を呼び、3本の主演作を含む4本の映画、5社のTVCMにも出演。『日経トレンディ』が選ぶ「2019年“今年の顔”」や「GQ MEN OF THE YEAR 2019」、「Yahoo!検索大賞」大賞&俳優部門賞…と受賞ラッシュで“2019年の顔”にふさわしい活躍ぶりをみせた。

■ 匡平と藍、2人の“受験生”

“はじこい”の匡平と“よんまり”の藍はともに、受験を控えた高校3年生。どちらも制服姿での登場が多く、進路に悩む姿や受験勉強に取り組むシーン、受験会場に向かう場面も描かれた。

1年の間に、テレビドラマで受験を控えた高校生役を2度演じることになった横浜。前作が話題であればあるほど、似た属性のキャラクターを演じるとどうしても視聴者の脳裏には前作のイメージが浮かんでしまうもの。

だが、今期“よんまり”で藍が受験に取り組むシーンが放送されても、SNSでは意外なほど、あの強烈なイメージを残した受験生“ゆりゆり”を連想する声が上がらなかった。これは、何を意味するのか。

たとえば“よんまり”第7話には、兄・廉(桐谷健太)の期待を背負い、大学受験に向かう藍の後ろ姿のカットがあった。コートにマフラー姿で試験会場の前に立つバックショットは、“はじこい”9話で匡平が順子に見送られ、大学受験のセンター試験会場に向かっていく後ろ姿とほぼ同じシチュエーションだ。

だが、そこに匡平のイメージは微塵もない。なぜなら、そこまでの藍の心の機微を見守ってきた視聴者には、その背中に“背負っているもの”の重さがはっきりと見えるからだ。

“よんまり”の藍には、親に代わって自分の面倒を見てきた兄・廉への感謝の思いがある。一方で、自分の作った料理を「おいしい」と言ってもらうことで自分自身が満たされることも自覚している。

廉をがっかりさせたくはないが、大学に進まず料理の専門学校に行きたい。そこに至るまでの一つひとつの言葉や感情を丁寧に積み重ねて大学入試会場の前に立った藍。横浜は、背中ひとつでその葛藤をくっきりと浮かび上がらせている。演じる横浜が「藍」というキャラクターを一人の人間として生きていることが如実にわかる場面だった。

■ 引いた視点と、叩き込んだ体の動き

横浜がセリフや表情を超えた感情表現に長けているのは、特技の空手の影響もあるかもしれない。小学校一年生から極真空手を学び、2011年には国際青少年空手道選手権大会13・14歳男子55kgの部で優勝して世界一に。

空手の鍛錬は、目標に向かってまっすぐに努力する意志の強さに加え、自分を冷静に客観視できる高い位置からの視点ももたらしたに違いない。

鍛え抜かれた身体能力を持つ一方で、俳優の道を歩き出してからはその体の動きにどう感情を乗せていくかを徹底的にトレーニングした。トーク番組などでは、10代後半の頃に演劇のワークショップを掛け持ちし、徹底した演技指導を受けた経験を明かしている。

1年に2度の“受験生役”を演じたことで垣間見えた、俳優・横浜流星の現在地。2020年は1月クールのドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)でドラマ主演デビュー(※清野菜名とのW主演)することが決まっている。類まれなルックスを持ちながらも、身体全体で感情表現できる稀有な若手俳優、横浜流星。その快進撃はまだ始まったばかりだ。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/15(日) 14:55
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事