ここから本文です

久保所属のマジョルカ、人気ゲームのライセンス取得 「日本市場との関係強化を象徴」

2019/12/14(土) 9:20配信

Football ZONE web

人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン』のライセンスを取得してアピール

 マジョルカは日本代表MF久保建英が18歳ながら力を発揮し始め、レギュラーの座を獲得した。日本でも注目が大きく集まるなか、人気サッカーゲームである『ウイニングイレブン』がマジョルカのライセンスを取ったことがスペイン紙「マルカ」でも話題になっている。

 海外では『プロエボリューションサッカー(PES)』、日本国内では『ウイイレ』の愛称でサッカーゲームの代表格の同ゲームだが、プレスカンファレンスには同クラブのマヘタ・モランゴCEOとPES関係者、そして久保らをはじめとした選手も会見に出席。「マルカ」は「クボの契約は『KAMO』によるマジョルカの日本国内の公式ユニフォーム発売に続き、日本市場とマジョルカとの関係強化を象徴している」と日本に向けたアピールになるとしている。

 モランゴCEOにとって今回の契約は重要なものだと捉えているようだ。同ゲームでリーガ・エスパニョーラ在籍クラブのライセンスを取得したのは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシら擁するバルセロナに続いて2クラブ目となり、ヨーロッパ全体に目を広げるとユベントスやアーセナルのような規模の大きいクラブになるため、アピール材料として大きくなるとしている。

 イベントでは、テレビゲーム用にキャプチャーされたマジョルカの選手たちが並んだ画像が公開され、ゲームをプレーするシーンもあったという。久保の表情も非常に精密に再現されており、両クラブの力の入れようが分かると言えるだろう。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/14(土) 11:58
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事