ここから本文です

南野の同僚FWホランド、ドルトムント移籍浮上 代理人が現地入りと独紙報道

2019/12/14(土) 16:30配信

Football ZONE web

CLで8得点をマークし注目度上昇、各国ビッグクラブが熱視線

 ドイツ・ブンデスリーガの強豪ドルトムントが、日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクのノルウェー代表FWエルリング・ホランドの獲得に乗り出したようだ。ドイツ地元紙「ルール・ナハリヒテン」が報じている。

【移籍一覧】2019-20退団&新加入選手|海外リーグ冬の移籍市場

 ホランドは今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で、グループステージ6試合で8得点。6戦全勝で16強進出を決めたバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキの10得点に次ぐ2位の成績を残した。

 そのホランドには現在、欧州ビッグクラブから熱視線が注がれており、イタリア王者ユベントスなどが獲得に乗り出したと伝えられたが、ホランドの代理人であるミノ・ライオラ氏がチャーター機でドイツ入りし、まずドルトムントとの打ち合わせを行ったと同紙はレポートした。

 一方で、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、記者会見でこの件について「ノーコメント」として、否定も肯定もしなかったという。

 南野はイングランド・プレミアリーグの名門リバプールと、今冬の移籍で合意したと英メディアで報じられ、その動向が大きな注目を集めている。CLのグループステージでは3位で、UEFAヨーロッパリーグ(EL)に回ることになったザルツブルクだが、攻撃陣の鮮烈なパフォーマンスは印象的。CLからの敗退が決まった今、ビッグクラブがこぞって引き抜きに動き始めている模様だ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/29(日) 21:00
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事