ここから本文です

辻希美『ステキな旦那さんと暮らす方法』【大好きな人と結婚しよう】

2019/12/15(日) 12:04配信

with online

はじめからステキな旦那さんなんていないっ!

こんにちは、辻希美です。

今日は旦那さんのお話です。

私の旦那さんは、付き合っているときから本当に優しい人で、誰に対しても思いやりを持って接してくれる人。でも、結婚して子どもが生まれてからも優しさは変わりないんだけど……ちょっとしたことでぶつかることもしばしばありました。

【辻希美の「大好きな人と結婚しよう」】記事一覧はこちら

私もイライラしちゃうと彼に対して、「もっとこうして!」「そうじゃないのに!」なんて頭ごなしに言ってしまうことがあったんですが、そんな私の態度に彼もイライラ。せっかく大好きな人と結婚したのに……こんなんじゃ一緒にいたくなくなっちゃう……。なんとか一緒に楽しく過ごす方法を見つけないと。

とにかく褒める!

自分の感情をそのまま言葉にして強く伝えようとしても、素直に受け入れてくれる人なんていませんよね。そんなことを続けていたとき、これってお互いにとって無駄なエネルギーなんじゃないかって気がついたんです。

怒って注意しても聞き入れてくれない……、じゃあその反対に褒めてみたらどうだろう? そう思ってから、旦那さんを褒めるようにしたんです。

私が子どもたちの世話に追われているのを見かねて、旦那さんが食事を作ってくれたことがあったんです。“今だ!!!”と思って、褒める作戦を開始! 「何これ! すごくおいしい!」「こんなの初めて食べた!」「また作って!」彼が作ってくれたご飯をべた褒めしてみたんです。すると彼もまんざらでもないみたいで、「じゃあ、また作るね~」と言ってくれたんです! よっしゃー。(笑)

次のタイミングは子どもと遊んでいるとき。うちは男の子が3人もいるからみんなパパが大好き。男同士で楽しそうなのを見た後、「子どもたちは私じゃこんなに笑わないのにすごいねー」。すると、やっぱり旦那さんは嬉しそうに「じゃあもっと遊んであげるか!」って。

できないことは素直に頼る!

子どもが生まれてから、母親ってどんどん強くなるって言いますよね。私なんて独身のときは一人で何にもできない子供だったのに、親になったら本当に強くなってしまって。

希空が生まれてからは「育児も母親業も完璧にしなくっちゃ!」っていう気持ちが人一倍強かったから、全部一人で背負っていたんです。あれもこれもやらないと! ああもう大変、忙しすぎる! こんな感じで一人でイライラ、キリキリしていたんだと思います。

奥さんがイライラしている家庭が幸せなはずないですよね? 当然ケンカも増えちゃいます。旦那さんのことを信頼してなかったワケじゃないんです。自分が勝手に“やらなきゃ!”って思い込んじゃって。

でも、子どもが増えていくたびにどんどん忙しくなって、もう限界!って感じたとき、旦那さんに頼ってみたんです、「こっちはやっておくから、そこはお願いできる?」って。そしたら、「わかった」ってスルッとやってくれたんです。“あれ? ちゃんとお願いすればやってくれるんだ!”。それ以来、自分ができないことは、旦那さんを素直に頼るようになりました。

1/3ページ

最終更新:2019/12/15(日) 12:04
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事