ここから本文です

【海外ボクシング】スーパースター誕生か!? テオフィモ・ロペスが無傷のまま王座奪取

2019/12/15(日) 23:41配信

ベースボール・マガジン社WEB

 14日(日本時間15日)、アメリカ・ニューヨークのマディソンスクエア・ガーデンのテレンス・クロフォード対エギディウス・カバラウスカス戦のアンダーカードで行われたIBF世界ライト級タイトルマッチでは、不敗の挑戦者テオフィモ・ロペス(アメリカ)がチャンピオンのリチャード・コミー(ガーナ)を2回1分13秒TKOで破り、キャリア15戦(全勝12KO)で初の世界タイトルにたどりついた。

相打ちの右ストレート一撃ですべてが決まった

 こんなに早く、ドラマティックにニュースターが誕生するとは、多くのファンは思わなかったかもしれない。拮抗した展開に小刀でわずかなほころびを作ると、一気に壁を切り崩す。グアテマラ人の両親のもと、ブルックリンに育った22歳の俊才の才能こそがなしたものだ。

 静かな立ち上がりだった。身長、リーチで上回るコミーがその距離をキープしながら戦っていた。このチャンピオン、ここまで31戦(29勝26KO)で2度の黒星を喫しているが、いずれも1-2のスプリットデシジョンでのもの。いくら素質に恵まれているとはいえ、ロペスが攻略するためには、しっかりとした“手がかり”がほしい。それはボディ攻撃か、強弱を使い分けたコンビネーションか、それともロングレンジからの一気に加速させるステップインか。そんな見きわめもないまま、決着がつく。

 2ラウンドだった。ロペスの小さな左フック。強くはないが、タイムリーにプッシュされたこのパンチでコミーはバランスを崩す。わずかに焦るコミーがその直後に右を狙った瞬間だった。ロペスの右が相打ちのタイミングで飛び込んだ。たまらずヒザをついたコミーが立とうとすると、前につんのめる形でキャンバスに転げ落ちる。それでも立ったコミーだが、再開直後にロペスのつるべ打ちにあって反応できず、レフェリーがここで試合を止めた。

「どっちが勝っても不思議じゃない。それもKOで決着がつく。だから万全の準備をしてきたんだ」と語った。7月、中谷正義(井岡)に判定勝ちしてこのタイトルへの挑戦権を手に入れたが、中谷の粘りに苦しんだ。うなぎ上りだった評価も急停車だっただけに、ロペスにはこの会心の王座奪取劇がよけいにうれしい。

「夢がかなった。不可能なものなど、この世にないんだ」

 無敵ロマチェンコとの対戦を聞かれても、ロペスは威勢が良かった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/15(日) 23:41
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事