ここから本文です

「桜を見る会&森友学園」疑惑も本質は同じ。要は忖度!「安倍首相案件だから・・・」田原総一朗氏 × 望月衣塑子氏が斬る!

2019/12/15(日) 7:00配信

BEST TIMES

「桜を見る会」疑惑が次々と浮上し、安倍内閣に厳しい目が向けられている。本年11月に憲政史上最長在任の首相となった安倍晋三氏という存在が、「安倍一強」と呼ばれた強引な政権の瓦解が、今、始まったのだろうか……。ジャーナリスト・田原総一朗氏と『「安倍晋三」大研究』の著者で東京新聞記者・望月衣塑子氏の二人が、「安倍政権の正体」を暴く! (第4回)

この記事の写真はこちら

 



●森友学園疑惑を再検証して分かる、「桜を見る会」問題の本質

望月・・・森友学園疑惑(下段【注】参照)は、どう思われますか? 今年10月に、検察側は籠池夫妻どちらにも懲役7年を求刑しました。そして「桜を見る会」の件を見ていると、モリカケ問題と同じようなことが、次々と明らかになってきています。

田原・・・これは望月さんに聞きたい。
 望月さんは、『THE 独裁者』で、森友学園疑惑の問題を、詳しく検証している。

それに、『「安倍晋三」大研究』では、籠池夫妻が釈放された半年後の2018年12月に、釈放後夫妻では初のインタビューもしている。
 籠池さんは、安倍さんの大応援団だったはずなのに、どういう理由で、いつから敵になったのか? 

望月・・・最初は自分を支援してくれた“縁故者”だった籠池さんが、“敵”に変わったのは、2017年3月23日に国会での証人喚問に立った時だと思います。嘘がつけない場で、籠池さんは、昭恵夫人を介して安倍首相から、寄付金100万円を受け取ったことを証言しました。安倍首相はのちに、テレビの番組で籠池さんのことを「籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された」とも発言しています。

田原・・・何で安倍さんが籠池さんのことを、「詐欺を働く人だ」とまで言うのか? 
 自民党は大反対だったが、野党は籠池さんを国会に参考人として招致したいと再三求めた。ここから驚天動地で、国会招致から証人喚問になった。なぜ、出頭拒否が出来ない虚偽答弁を行うと処罰される証人喚問になったのか? 安倍さんがそう証人喚問にしろと言ったのか? 

望月・・・安倍首相自身が、そのような要求をしたかどうかは分かりません。
 安倍首相は2月17日には籠池さんのことを「教育に対する熱意が素晴らしい」「私の考えに共鳴している人」だと言っていたのに、同月24日には「非常にしつこい人」「教育者としていかがなものか」と否定する方向へと変わっています。また、証人喚問前には、安倍事務所の初村秘書から「昭恵夫人の名誉校長の称号を外してくれ」と電話があったといいます。

=====【注】=====
◆「森友学園疑惑」は、もともと豊中市議の木村真さんの疑問がきっかけで始まった。朝日新聞が2月9日に、約8億円の値引きを1面トップでスクープ。その後、2月17日の衆議院予算委員会で安倍首相が「私や妻が関係していたら、首相も国会議員も辞める」と述べたことで、騒ぎは加熱。昭恵夫人がその学園の名誉校長だと出たあたりから、猛烈な批判が集中し始めた。昭恵さんは、名誉校長を突如辞任。そして夫妻は、2月20日に酒井弁護士経由で、財務省・佐川理財局長からの“身を隠せ”という指示もあったと籠池夫妻は話している。
◆また、同月22日には内閣府で、佐川理財局長らによる官房長官会議が開かれ、財務省から出てきた一連の文書を確認。ここで財務省の文書改ざんが決まり、始まったといわれている。
◆さらにその後、籠池さんが100万円寄付の話をし、郵便局の振替受領票がその傍証として示され、これも大きな注目を集める。が、首相側は全面否定。そして結局、3月23日、籠池さんは出頭拒否出来ない国会の証人喚問に立った。





●国有地8億円の値引きと文書改ざんを再び追及せよ! 

田原・・・しかし、それにしてもなぜ8億数千万もの値引きとなったのか? 

望月・・・値引きの根拠は、廃材ゴミでした。学園の土地の地下約3・8メートルより深い位置にあるゴミの撤去費用ということでしたが、このゴミが実はなかった。

田原・・・なぜ「ない」のに、「ある」ということが通ったのか? 

望月・・・要は、安倍首相案件だからです。籠池夫妻と安倍昭恵夫人の繋がりが見えたことで、地元の近畿財務局を始め、土地を所有する国交省、近畿財務局を含めた財務省、学園を認可する大阪府など、官僚たちが「忖度」して、この件がスムーズに進むよう便宜を図った。

田原・・・安倍首相が「下げろ」と言ったのか? 

望月・・・安倍首相は、直接言っていないと思います。

田原・・・それでは安倍昭恵夫人が言ったわけ? 

望月・・・昭恵さんも言ってないと思います。

田原 僕は、この問題を一番深く取材したのは「朝日新聞」の大阪社会部だと思う。

 その中でも一番、深く長く取材した人物に「なぜ、8億円下げたのか?」と聞いた。それから、菅野完氏にも聞いたんだが……。
 しかし、経産省の文書改ざんにしても、国有地の約8億円の値引きにしても、今回の「桜を見る会」と同じで、理由やその経緯が、はっきりしないことばかりだ。森友学園疑惑では特に、なぜ文書を改ざんしなければならなかったのか、この点をうやむやにしないで欲しい。

望月・・・そうですね。その点に凝縮されていますね。

田原・・・僕も取材したいけれど……。

望月・・・世の中の人も忘れてはいないのです。絶対に封印させてはいけないと思っています(*下段【補足】参照)。



=====【補足】=====
◆籠池夫妻が本年10月31日、特派員記者クラブで記者会見を行った。
​◆10月の論告求刑公判で「検察が籠池夫妻に懲役7年を求刑したこと」を受けての会見だった。記者の質問に答える形で、籠池さんは、「2017年4月に瑞穂の國記念小學院の開校には、安倍夫妻が来ることが決まっていた」と話し、それに間に合わせるべく建設は急ぎ進められたという。そうした中で、工事関係者のキアラ設計、藤原工業側の主導で全てが進んでいったと主張している。また、別の取材の時には、元大阪府議の人物が籠池夫妻に、キアラ設計と藤原工業という会社を紹介したという経緯も話している。
◆同記者会見で籠池氏は、「森友学園は今、民事再生中です。しかし管財人が破産の方向で進めようとしているのです。森友学園がなくなれば、2回にわたる家宅捜索で押収された膨大な資料を、検察は返却する必要もなくなるのです。財務省や昭恵夫人、政治家との関わりが分かる証拠書類が闇に葬られる……」と主張している。

1/2ページ

最終更新:2019/12/15(日) 7:00
BEST TIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事