ここから本文です

C・ロナウドとユーベの間に生じた亀裂【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

2019/12/15(日) 14:38配信 有料

SOCCER DIGEST Web

「2つのC・ロナウド」がある種の「利益相反」に…

ミラン戦では55分という早い時間帯に途中交代を命じられ、大きな不満を示したC・ロナウド。「コンディション不良でプレータイムが制限されていた。問題はない」という本人の言葉に説得力はない。(C)Alberto LINGRIA

 理想的に見えたC・ロナウドとユーベの関係に、無視できない亀裂が入りつつある。出場機会減は軋轢を生み、ピッチ内外における利益バランスも再考の余地が出てきた。サッリ監督の舵取りに期待したいところだが…。(文:マウリツィオ・クロゼッティ/訳:片野道郎 2019年12月5日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)
 
―――◆―――◆―――
 
 重要な資産から難しい問題へ――。クリスチアーノ・ロナウドとユベントスの“結婚生活”は、決して小さくない困難に直面している。このポルトガルが生んだスーパースターは世界最高峰のフットボーラーであり、ユーベは獲得/保有に3億ユーロ(約375億円/移籍金と4年間の税込み年俸)を超える巨額を覚悟した経緯からすれば、逆説的とも言えるような状況だ。
 
 11月23日のアタランタ戦(セリエA13節)で 本文:4,709文字 写真:2枚 サッリ監督は代表ウィーク明けにC・ロナウドと話し合いの場を持った模様。ただ、ジダンのようなカリスマを持たない指揮官だけに、このスーパースターを納得させられるのか。疑問は拭えない……。(C)REUTERS/AFLO

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:2019/12/15(日) 14:38
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る