ここから本文です

丸山隆平が13年ぶりの時代劇で「お伊勢参り」へ! 「全てのタイミングが奇跡的に重なったドラマ」

2019/12/15(日) 6:00配信

ザテレビジョン

WOWOWでは、関ジャニ∞・丸山隆平が主演を務める「連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」を、2020年に放送することが明らかになった。

本作は、エンターテインメント時代劇ブームを巻き起こした映画「超高速!参勤交代」(2014年)で原作・脚本を務めた土橋章宏が、監督の本木克英が再びタッグを組んで挑む初のテレビドラマ。

江戸時代を舞台とした時代劇で、現代でも大人気の「お伊勢参り」を描くロードムービーとなるが、このタッグだからこその一筋縄では行かないストーリーが展開。時代劇ファンはもちろん、老若男女が楽しめる超痛快なエンターテインメント作品となりそうだ。

■ 金なし、運なし、人徳なしの“駄目男”を丸山が熱演!

本作で主演を務めるのは、WOWOWドラマ初出演にして初主演の丸山隆平。丸山は、約13年ぶりの時代劇出演だけでなく、約6年ぶりの連続ドラマ主演となる。

今回丸山が演じるのは、元・伝説の賭博師ながら今はただの“駄目男”となってしまった辰五郎。ひょんなことから伊勢神宮を目指すことになった辰五郎は、その道中でさまざまなトラブルに巻き込まれていく。

ドラマでは、お伊勢参りの中でも60年に一度の「おかげ年」に行う「おかげ参り」をフィーチャー。現代のようにたやすく旅行に行けなかった当時の人々にとっての一大イベントで、数百万人規模で伊勢神宮に向かう人がいたといわれている。

現在関ジャニ∞の一員として、全国47都道府県を巡るツアー(旅)を開催中の丸山だが、今度は俳優として東海道から伊勢街道を巡る旅へ出る。

そして、先日クランクインしたばかりの丸山が辰五郎に扮したビジュアルもこのほど公開。早くも駄目男っぷりがにじみ出た(!?)丸山の姿に、期待が高まるばかりだ。

金なし、運なし、人徳なしの辰五郎は、無事に伊勢神宮までたどり着けるのか? 豪華なキャストとスタッフが集結した、全く新しい超エンターテインメント時代劇に注目だ。

■ 辰五郎役・丸山隆平コメント

僕は2007年以来の時代劇出演なのですが、関ジャニ∞で今開催している47都道府県ツアーも同じ2007年以来なので、運命的なものを感じています。

そして今、伊勢神宮は盛り上がりを見せていて、とてもタイムリーですし、そういった全てのタイミングが奇跡的に重なったドラマだと思います。この作品はどんな方でも楽しんでいただけるような、これまでとは違う角度から歴史を描く、全く新しい時代劇となっております。

僕の演じる辰五郎は、人がみんな持っている弱さや見栄っ張りさなど、本来あまり見せたくない部分がむき出しなんです。なので、撮影のその瞬間にその場で生まれた感情をそのまま素直に映像に残していきたいですね。

本木監督と脚本の土橋さんという“匠”たちから自分の役割を持たせていただけて、とても光栄ですので、お二人の安心感のある胸を借りて、シーンを重ねるごとに自信を掴んでいきたいです!

最後は辰五郎っぽく言いますね(笑)。友達も誘って、WOWOWで「大江戸グレートジャーニー」をみんなで見てくれよな! よろしくっ!

■ 「連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」あらすじ

時は天保元年(1830年)、「おかげ年」のある日のこと。かつては伝説の賭博師と呼ばれていた辰五郎(丸山隆平)が、東京・深川の賭場で多額の借金を背負ってしまった。

ずっと天涯孤独で暮らしてきた中で、自分の力と運だけで勝負できる博打だけとは正面切って向き合ってきた辰五郎だったが、このところまったくツキがなくなっていた。そんな中、辰五郎はお伊勢講のくじに当たり、長屋の代表としてお伊勢参りに出発することに。

その途中で出会った代参犬(飼い主に代わってお伊勢参りをする犬)・翁丸、奉公先を抜け出してきた少年・三吉、訳ありな美女・沙夜と、ひょんなことから家族のふりをすることになった辰五郎の旅物語が始まる。

一方その頃、「江戸の暗黒街に知らぬ者はいない」と言われる殺し屋で、借金取りの菊佐とその駄子分・六助が辰五郎のゆくえを追っていた…。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/17(火) 18:03
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事