ここから本文です

モウリーニョ監督、トットナム“CL2位通過”も自信 「首位クラブは私たちを恐れる」

2019/12/15(日) 8:40配信

Football ZONE web

CLグループステージを突破して16強進出 「誰もが対戦したくないと思うだろう」

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)はグループステージの戦いが終了して16強が出揃った。その組み合わせ抽選にも注目が集まるが、2位通過となったトットナムのジョゼ・モウリーニョ監督は英メディア「フォー・フォー・ツー」のインタビューに応じ、「首位クラブは私たちを恐れる」と語った。

 CLはドイツ王者バイエルン・ミュンヘンが6戦全勝を飾り、前回優勝のリバプールやスペインの強豪バルセロナ、イタリア王者ユベントス、フランス王者パリ・サンジェルマンといった名門が順当に首位通過のイスを埋めた。一方で、マウリシオ・ポチェッティーノ監督からの監督交代もシーズン中に行われたトットナムは、前回準優勝の実績とは裏腹に2位通過となった。

 そのため、トットナムは自国対戦を除いた首位通過クラブと決勝トーナメント1回戦を戦うことになる。当然ながら厳しい戦いは予想されるが、モウリーニョ監督はむしろ自信を深めているようだ。

「首位で通過したクラブは私の率いるトットナムを恐れる。誰もが対戦したくないと思うだろう。私たちは全体を見ても2番手グループに入る1チームだ。イングランドはクレイジーな日程を課す国だが、2月末にはチームが私の考えをより理解できるようになる。現時点では、通常ならプレシーズンやシーズン序盤に必要な情報を得るような段階だった」

 “スペシャル・ワン”の異名も持つ指揮官はこう語り、16強の対戦がスタートするまでにチームの完成度を高めることに自信を見せた。エースのイングランド代表FWハリー・ケインらの主力も変わっていないことから、当然ながら優勝を争うポテンシャルがチームにはある。

 果たして、モウリーニョ体制となったトットナムとの対戦が決まるチームがどこになるのか。そのチームと監督は、トットナムの変化を注意深く観察する必要があると言えそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/15(日) 8:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事