ここから本文です

森保ジャパン代表デビューの12選手、海外組主体の既存戦力への“脅威度”は?

2019/12/15(日) 6:01配信

Football ZONE web

E-1選手権はフレッシュなメンバーで中国、香港を下す 出場12選手を3段階査定

 森保一監督率いる日本代表は14日、韓国・釜山で開催中のE-1選手権の第2戦で香港と対戦し、5-0の大勝を収めた。今大会は国内組のみの招集で、23人中11人が初招集。2試合を終えて12選手が代表デビューを飾っている。

【動画】MF菅大輝の弾丸ボレーで先制、FW小川航基が史上3人目の代表デビュー戦ハットトリック! E-1選手権「日本×香港」(5-0)ハイライト

 初戦の中国戦では前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が代表初ゴールとなる先制点を奪取。後半25分にはDF三浦弦太(ガンバ大阪)がやはり代表初となるゴールを決め、反撃を1点に抑えて2-1の勝利を飾った。第2戦の香港戦では前半8分のDF菅大輝(札幌)のゴールを皮切りに、FW田川亨介(FC東京)が1点、FW小川航基(水戸ホーリーホック)が3点を挙げて5-0の圧勝となった。

 東京五輪世代の選手が多く、3-4-2-1システムを採用するなど通常とは異なる点もある今大会だが、A代表としての戦いであることは紛れもない事実。各選手は今後、海外組を含めた経験豊富な選手たちとの競争にも挑まなければならない。ここでは今大会で代表デビューを果たした12選手が、どれだけのポテンシャルを示したか基準に評価。3段階評価(★★★)で既存戦力への“脅威度”を測っている。なお、今後のA代表でも3-4-2-1をオプション、あるいは基本システムの一つとして使用していくことを前提とした。

★☆☆=さらなるアピールが必要
★★☆=成長次第では常連候補に
★★★=継続的なメンバー入りも期待

<GK>
(デビュー済み)
中村航輔(柏レイソル)
大迫敬介(サンフレッチェ広島)

(出場なし)
小島亨介(大分トリニータ)

<DF>
■菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)=★★★
 慣れ親しんだ左ウイングバックとして香港戦でデビュー。アグレッシブさを押し出し、見事なボレーで先制点も奪った。4バックの際はポジションが未知数とはいえ、3バックの左ウイングバックとして高い適性を示したことは間違いない。

■渡辺 剛(FC東京)=★★☆
 香港戦では3バックの右センターバックとして、右ウイングバックの相馬をサポートしながら、シャドーの位置から降りてくる仲川も視野に収めながらパスを出していった。異なる戦術への適応力を含め、将来性を感じさせる出来だったと言える。

■古賀太陽(柏レイソル)=★☆☆
 香港戦で3バックの左に入り、無難なプレーを見せた。ただ、実力差のある相手だったことを考慮すれば、プラスαとなる部分も見たかったのは事実。DFというポジション上の難しさもあるものの、練習で披露していたようなロングキックをもう少し見せたかった。

■橋岡大樹(浦和レッズ)=★☆☆
 中国戦で右ウイングバックとして先発出場し、相手DFによる危険なプレーを受けながらもファイトした。一方で、攻撃が左に寄りがちだったこともあって、決め手に欠く印象も。ただ、激しい展開が予想される韓国戦ではハードワークが必須だけに、一気に評価を上げる可能性もある。

(デビュー済み)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
三浦弦太(ガンバ大阪)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)

1/3ページ

最終更新:2019/12/15(日) 12:43
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事