ここから本文です

アジア王者のアル・ヒラルが初戦突破! アフリカ王者のエスペランスを1-0で下す【クラブW杯】

2019/12/15(日) 1:03配信

フットボールチャンネル

【アル・ヒラル 1-0 エスペランス クラブワールドカップ準々決勝】

 FIFAクラブワールドカップ2019カタール準々決勝、アジア王者のアル・ヒラルとアフリカ王者のエスペランスの試合が現地時間14日に行われた。アル・ヒラルが1-0の勝利をおさめている。

【トーナメント表】クラブワールドカップ2019

 ACL決勝戦で浦和レッズを苦しめた元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスと元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコの二人は控えメンバーに入った。試合開始して12分、アル・ヒラルの連携ミスからエスペランスの選手に決定機が訪れるが、バドリのシュートは外れて先制ならず。

 対するアル・ヒラルも22分、縦パスに抜け出したエルラルドが相手GKと1対1の状況を迎える。しかし、シュートはエスペランスのGKシェリフィアに止められてゴールは決まらず。45分にはカリージョが強烈なシュートを放つもGKシェリフィアが右手一本で止めてアル・ヒラルに先制点は入らなかった。

 それでも73分にゴミスがゴールを決めてアル・ヒラルに先制点が入った。リードを守り切ったアル・ヒラルが1-0の勝利をおさめている。この結果、アル・ヒラルは12月18日に準決勝で南米王者のフラメンゴと対戦することになる。

【得点者】
73分 1-0 ゴミス(アル・ヒラル)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2019/12/15(日) 1:05
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事