ここから本文です

リバプールの相手はモンテレイに。シャビ率いるアル・サッドを下す【クラブW杯】

2019/12/15(日) 4:24配信

フットボールチャンネル

【モンテレイ 3-2 アル・サッド クラブワールドカップ準々決勝】


 FIFAクラブワールドカップ準々決勝のモンテレイ対アル・サッドが現地時間14日に行われた。試合は3-2でモンテレイが勝利を収めている。

【トーナメント表】クラブワールドカップ2019

 北中米カリブ海王者のモンテレイ(メキシコ)と、開催国王者のアル・サッド(カタール)の対戦。立ち上がりはアル・サッドが好機をつくるも、モンテレイのスーパーゴールで幕が上がった。12分、バンジョーニが中盤左寄りの位置から思い切り良くロングシュートを狙うと、強烈なボールがゴール右上のポストを叩いて先制点となる。

 その後はアル・サッドがボールを持つ時間が長かったが、モンテレイが主導権を渡さない。前半終了間際にはフネス・モリにゴールが生まれ、モンテレイが2点リードで折り返した。

 それでも、後半に入ってシャビ監督率いるカタール王者が反撃。モンテレイの猛攻に耐えて2点差を維持すると、66分にはボーネジャーが後方からのボールに合わせて1点差とした。

 しかし、試合巧者のモンテレイは77分に再びリードを広げる。敵陣でボールを奪って速攻を仕掛けると、ロドリゲスがゴールを奪って3-1。大きな1点が決まる。

 アル・サッドは終盤、アブドゥルカリムの強烈なロングシュートで1点差に詰め寄ったが、反撃はここまで。

 3-2で勝ったモンテレイは、準決勝でリバプールと対戦する。

【得点者】
12分 1-0 バンジョーニ(モンテレイ)
45+1分 2-0 フネス・モリ(モンテレイ)
66分 2-1 ボーネジャー(アル・サッド)
77分 3-1 ロドリゲス(モンテレイ)
89分 3-2 アブドゥルカリム(アル・サッド)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2019/12/15(日) 4:24
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事