ここから本文です

ドラクエウォーク、ファイアーエムブレム…2019年の話題作を振り返る

2019/12/15(日) 8:31配信

週刊SPA!

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

 2019年も残すところあとわずかになりました。というわけで今回は、2019年に発売されたゲームタイトルのなかから世界的ヒット作や話題作を厳選して振り返りたいと思います。「そういえば遊びたいと思っていたけど忘れていた」というタイトルがあったら、年末年始のお供にいかがでしょうか?

●バイオハザード RE:2
PS4、Xbox One、PC(Steam)/カプコン/1月25日発売

 2019年の年明け最初の注目作は『バイオハザード RE:2』でした。『バイオ』シリーズの礎を築いたPS1『バイオ2』のフルリメイクで、世界出荷400万本を突破! 美麗なグラフィックで怖さも増していると評判でした。

●キングダム ハーツIII
PS4、Xbox One/スクウェア・エニックス/1月25日発売

 こちらも同じく1月25日発売。ナンバリング新作としては約13年ぶりの新作で年明けの目玉でした。発売から2週間で全世界500万本のセールス。『トイ・ストーリー』『アナと雪の女王』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、ディズニー世界がテーマパークのように詰め込まれ、ディズニーファンにオススメです。

●SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
PS4、Xbox One、Windows/フロムソフトウェア/3月22日発売

『DARK SOULS』『Bloodborne』のフロムソフトウェアによる高難度「死にゲー」の最新作。あまりの難しさからイージーモード論争が巻き起こるほど、上半期の話題作となりました。発売から約3ヵ月で400万本の売上。隻腕の忍びを主人公に、美しい和の世界観も海外勢の心をとらえました。

●スーパーマリオメーカー2
Nintendo Switch/任天堂/6月28日発売

 ゲーム実況でも人気だった『スーパーマリオメーカー』の続編も世界約400万本と大ヒット。コースを自分で作るのはもちろん、世界中から投稿されたコースを選び、最大4人で遊べます。

●ファイアーエムブレム 風花雪月
Nintendo Switch/任天堂/7月26日

 老舗シミュレーションRPG『ファイアーエムブレム』の据え置き機では12年ぶりとなる完全新作。前半は学園もの、後半は三つ巴の戦争という二部構成となっていて、3ルート+αに分かれる展開。重厚なファンタジードラマがブームだった海外でも受け入れられ、国内約48万本、全世界約230万本とグローバルコンテンツの仲間入りを果たしました。

●釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン
バンダイナムコエンターテインメント/Nintendo Switch/7月25日発売

 ゲームセンターのメダルコーナーでおなじみの釣りゲームがNintendo Switchに登場し、口コミでジワジワとロングセラーに。Joy-Conをサオに見立て、振って浮きを投げる体感操作も導入され、親子で楽しく遊べます。

●ドラゴンクエストウォーク
iOS、Android/スクウェア・エニックス/9月12日配信開始

 国民的RPG初の位置情報ゲーム。目的地を自分で設定し、歩きながらクエストする内容が30代~50代の幅広い層に支持され、リリースから約2ヵ月で1000万DLを達成。セールスランキングでも上位に位置し続け、2019年を代表するスマホゲームとなりました。

●Call of Duty: Mobile
iOS、Android/アクティビジョン/10月1日配信開始

 世界でもっとも売れるゲームシリーズのひとつ『コール・オブ・デューティ』のスマホ版。米調査会社によれば配信開始から1週間で1億DLを突破! 100人のバトルロイヤルや5対5のチーム戦、ゾンビアクションなど多彩なモードが搭載されています。

●リングフィット アドベンチャー
Nintendo Switch/任天堂/10月18日発売

 レッグバンドを足に装着し、リング型コントローラを持って、体を動かすことでRPGの冒険を進めるフィットネスゲーム。発売当初は静かな立ち上がりでしたが、「30分で効率よく運動できる」「太ももが鍛えられた」「ゲームだから続けられる」とツイッターで話題となり現在は品薄となっています。

●ポケットモンスター ソード/シールド
Nintendo Switch/ポケモン/11月15日発売

 前作から3年ぶりとなるNintendo Switch初のシリーズ完全新作。舞台はイギリスをモデルとしたガラル地方。話題作だけに賛否両論ありますが、ウェルシュコーギーに似た新ポケモン・ワンパチが「かわいい」との声多数です。

 そのほか、『エースコンバット7』、『妖怪ウォッチ4』、『プロ野球スピリッツ2019』、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』、『ゼルダの伝説 夢をみる島』なども2019年のヒット作。年末年始はゲーム三昧といきましょう!

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

【卯月鮎】
ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン」

日刊SPA!

最終更新:2019/12/15(日) 8:31
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事