ここから本文です

カワサキはZ1/Z2という空前絶後の傑作バイクをなぜ50年近く前に作れたのか?

2019/12/16(月) 10:01配信

FUNQ

Z1登場は

『King of Motorcycle』『バイクの中のバイク』と言って、一番多くの人の頭に浮かぶのが『Z2(ゼッツー)』こと、『カワサキ750RS』なのではないだろうか?

ベテランライダーの方々には、『若い頃に憧れた!』という人も多いはずだ。「新車時に乗っていた」という人は、もう65~70歳以上。そもそもおいそれと乗れるようなバイクではなかった。

'72年にアメリカで発売された『Z1』こと『900 Super 4』の、国内向け排気量縮小版(当時国内では750ccまでしか販売できなかった)として販売されたのが『Z2』こと『750RS』だ。
この2台のバイクは、空前絶後の人気モデルとなり、後にそのイメージをゼファーシリーズや、Z900RSなどのモデルに受け継がれるほど、カワサキの象徴的なバイクであり続けている。なぜ、Z1とZ2というバイクが生まれたのか、その背景と当時の空気感についてお話ししよう。

日本の成長の証となる、圧倒的に優れたバイクを

時に'60年代末。

今にして思えば、第二次世界大戦の敗戦から、たった25年しか経っていない頃だ。

焼け跡から立ち上がった日本は、朝鮮戦争特需などもあって、驚異的な復興を遂げようとしていた。テレビ、冷蔵庫、洗濯機の三種の神器が普及し、新幹線が走り、東名高速道路が出来、東京オリンピック、大阪万博が開催された……空前の好景気に湧き、日本は豊かになっていった。

その日本の好景気を支えた基幹産業のひとつが、バイクと自動車の製造だ。あのホンダだって、最初は、大戦直後に自転車に補助エンジンを付けるところから始まっている。

戦前から始まる黎明期には、数十ものバイクメーカーが覇を競い合って成長し、あるメーカーは倒産し、あるメーカーは吸収され、歴史の波にのまれていった。小排気量車はともかく、大排気量車となると技術がなく大半が欧米のバイクのコピーだった。たとえば、陸王はハーレーのライセンス生産だったし、丸正自動車はBMWのフラットツインをコピーしていた。
'60年代末、当時カワサキが擁していた大排気量車は、機構がシンプルで軽くパワーを得やすい2st.のマッハ(空冷3気筒500cc)と、合併したことで得た目黒製作所のW1(並列2気筒OHV 650ccでトライアンフのコピー)だけだった。どちらも現代には名車として伝わっているが、2st.には貫録も高級感もなかったし、パワーはあったがあまりにもじゃじゃ馬だった。W1はお世辞にも速いとは言えなかったし、カワサキにはフラッグシップが必要だった。
そこで、計画されたのが、当時最大のマーケットだった北米市場を狙った、大きく、精巧で、パワフルな空冷並列4気筒エンジンを搭載したフラッグシップモデルだった。途中ホンダがCB750FOURを発表したので、排気量を拡大900cc並列DOHCエンジンが開発された。

北米市場に販売されるこのZ1の開発計画は『ニューヨークステーキ作戦』と呼ばれた。このあたりは、弊社刊の『Z1開発物語 New York steak story モーターサイクルサムアメリカを行く』に詳しいのだが、刊行は '90年と約30年前で、当然ながら絶版。読みたい方には、オークションサイトなどで探していただくしかない。

[article_link postid=“491584“]

1/4ページ

最終更新:2019/12/16(月) 10:01
FUNQ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事