ここから本文です

「スペクタクルなショットだ」バルサBの安部裕葵が移籍後初の1試合2ゴール!左右両足でゴラッソを叩き込む

2019/12/16(月) 4:05配信

SOCCER DIGEST Web

ここ5試合で4ゴール

 すっかり調子が上がっているようだ。

 現地時間12月15日に開催されたスペイン2部B(実質3部)の第17節で、安部裕葵が所属するバルサBは、ホームでラ・ヌシアと対戦した。

【動画】衝撃の活躍!安部裕葵のゴラッソ2発はこちら!

 4‐3‐3のCFで先発した安部に見せ場がやってきたのは、1点をリードされて迎えた36分。味方のシュートのこぼれ球に反応し、エリア外からダイレクトで右足を振り抜き、3試合ぶりとなる強烈な同点弾を決めてみせた。

 さらに54分、カウンターからリキ・プッチのパスを受けると、今度は迷いなく左足を一閃。またもエリア外から強烈な一撃を突き刺し、逆転ゴールを叩き出す。バルサの公式ツイッターが、「スペクタクルなショットだ」と紹介するゴラッソだった。

 移籍後初の1試合2ゴールを鮮やかに決めた安部は、これで今シーズン4ゴール。そのすべてをここ5試合で奪っており、チームにフィットしてきているのは間違いない。

 日本代表FWの2発で試合をひっくり返したバルサBは、その4分後にもアレックス・コリャドがゴールを奪って3‐1で勝利。無敗記録を「10」に伸ばしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部




 

最終更新:2019/12/16(月) 7:14
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事