ここから本文です

なにわ男子が“イヌのしつけ”に挑戦も、先生をキュンキュンさせることに熱中!?

2019/12/16(月) 17:00配信

ザテレビジョン

12月16日(月)の「なにわからAぇ!風吹かせます! なにわイケメン学園×Aぇ!男塾」(毎週月曜夜0:55-1:25※16日[月]は夜1:35-2:05、カンテレ)は、なにわ男子担当の「なにわイケメン学園」が放送される。

【写真を見る】“キラキライリュージョン男子”を目指しマジックに挑戦したなにわ男子

今回は、大西流星、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎の4人が“キラキラペット男子”を目指して、イヌのしつけを学ぶため、警察犬協会認定の愛犬訓練所を訪れる。

4人が愛犬訓練所に到着すると、警察犬のシェパードやゴールデン・レトリバーなどの大型犬が勢いよく吠えてお出迎え。4人は、てっきり小型犬のしつけだと思い込んでおり、大西は「自分より強そうなイヌにしつけ出来るかな…」と不安げな表情を見せる。

しつけを教わる前に、まずはイヌの雑学クイズに挑戦する。不正解でも、訓練所の先生をキュンキュンさせるとポイントを獲得できるというルール。先生のちょっと変わった審査基準に、大西は「趣味悪いですよ」と文句を付ける。しかし、先生の心をわしづかみにするメンバーも登場し…。

■ “褒め下手”と言い渡されたメンバーは…

クイズを終え、しつけの基本である“おすわり”と“待て”を学んだ4人は、しつけに必要不可欠な“イヌの正しい褒め方”を学ぶことに。4人は、岡田学長(岡田圭右)のギャグ“閉店ガラガラ”を絡めるなど、それぞれが視聴者もキュンキュンさせる褒め方を披露する。

1番“褒め下手”と言い渡されたメンバーは、イヌの気持ちを理解するため、“イヌ耳”をつけて残りのメンバーから褒めてもらうことに。しかし、そのメンバーは、「グループで写真撮るとき、絶対後ろの方で撮るよね」など、次々と恥ずかしいプライベートを暴露されていき、「もうやめて!」と、涙目で懇願する。

ひと通り学んだあとは、1日の集大成となる最終テストへ。ロケが進むにつれてパートナーのイヌとも絆が芽生え、休憩時間も忘れて真剣な表情でしつけに専念するメンバーたち。そして迎えた最終テスト本番。芽生えた絆はどこへやら、ハプニングが連発する事態にメンバー大爆笑。そして、最もしつけができていなかったメンバーは、大絶叫間違いなしの“特別訓練”を受ける。

なお同番組の放送終了後には、無料動画配信サービス「GYAO!」にて全国独占配信。その他、番組連動のオリジナル動画「なにわコスプレ名言学園」も「GYAO!」で無料配信。今回は、なにわ男子がサンタクロースのコスプレに挑戦する。

■ ロケ後コメント

――実際にしつけをしてみた感想は?

長尾:“おすわり”、“待て”は簡単でしたが、そこからが難しかったですね。

藤原:最初は慣れなくて、やり方も分からなかったんですけど、コツをつかんで、徐々にできるようになりました!

高橋:意外とロケ中に遊ぶ人が少なかったですね。真剣にやっていました。

藤原:実は、休憩している時は、恭平とイヌの飼い主コントをしていたんですけどね(苦笑)。テーマは“芦屋の奥様”。

大西:だから、おばちゃんみたいな声出しながら歩いてたんか!なんかやってるなぁと思いながら見てました(笑)。

――大型犬のしつけをしてみて、イメージは変わりましたか?

大西:ロケ前は、トイプードル、チワワ、ダックスフンドなど小型犬をイメージしていて、いきなり出てきたのがシェパードで驚きましたけど、大きいなりのかわいさがありました。小さいイヌだけがかわいいっていう概念はなくなりましたね。

藤原:触り心地がよくて、ぎゅっとできる。大型犬ならではの良さがあってイメージが変わりました。

高橋:僕は、イメージはあんまり変わらなくて、「アニメとかで飼い主にベロベロってしているイヌだ!」って感じでした(笑)。

長尾:長い時間、イヌたちと触れ合って「ペット飼いたいなぁ」って思いましたね。でも、「一人暮らししてからかな?」って。またあらためて真剣に考えていきたいです。1日であれだけ懐いてくれるなら、老後に飼うことも考えながら…。

藤原:老後!? 先、長いな!この短時間のロケでそこまで考えたんや(笑)。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/16(月) 17:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ