ここから本文です

ダイドーグループHD、3000円相当の自社商品を贈呈する株主優待を変更! 5年以上の保有で記念品贈呈が追加されるも、通常の優待は半年以上の保有が必須に

2019/12/16(月) 22:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 【※関連記事はこちら! 】
⇒株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を紹介!  優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3! 

【詳細画像または表】

 ダイドーグループホールディングス株式会社が、株主優待を変更することを、2019年12月16日に発表した。

  ダイドーグループホールディングスの株主優待は、従来は毎年1月20日と7月20日時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、3000円相当の自社グループ商品の詰め合わせ(飲料やゼリーなど)を年2回贈呈」というものだった。

 今後は、新たに「半年以上の継続保有」が株主優待を受け取るための条件として追加される。また、株主優待の贈呈回数は「宅配コストの上昇を鑑み」て、年2回⇒年1回に変更される。さらに「7月20日時点で100株以上を5年以上保有する株主には、追加で記念品を贈呈(保有年数が5年を迎えた年に1回限り)」となる。

 この株主優待の変更は、2020年7月20日時点の株主を対象とする分から適用される。2020年1月20日の株主優待に関しては、変更前の基準で実施される。

ダイドーグループHDの株主優待制度の変更前と変更後
  (変更前)

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  1月20日・7月20日
  100株以上
自社グループ商品の詰め合わせ
3000円相当
(×年2回)
  (変更後)

  基準日
  保有株式数
  継続保有期間
  株主優待内容
  1月20日
  100株以上
  半年以上
株主優待品6000円相当
  7月20日
  100株以上
  5年以上
  記念品

ダイドーグループHDの株主優待利回りは? 
 ダイドーグループホールディングスの2019年12月16日時点の株価(終値)は4605円なので、変更後の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※変更前は年2回、株主優待を受け取るとすると、変更前後で株主優待利回りは変わらない)。

 【変更後】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×4605円=46万500円
優待品:株主優待品6000円相当
優待利回り=6000円÷46万500円×100=1.30%

  ダイドーグループホールディングスの株主優待は、従来は年2回贈呈されていたが、近年の宅配コストの増加を背景に、年1回に変更された。変更前後で株主優待利回りは変わらないものの、変更後は半年以上の継続保有が必須となっているので注意しよう。なお、7月20日時点で5年以上保有する株主を対象とした記念品の内容は「検討中」とのこと。同社は配当利回りが1.30%あるので、100株保有時の配当+株主優待利回り=2.60%となる。

  ダイドーグループホールディングスは、缶コーヒーを主力とする大手飲料メーカー。2020年1月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高0.9%減、営業利益44.0%減、経常利益38.3%減、当期純利益37.8%減と低調な見通し。

 【※関連記事はこちら! 】
⇒株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を紹介!  優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3! 

 ■ダイドーグループホールディングス

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 食料品
 2590
 東証1部
 1月20日・7月20日
 株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 4605円
 100株
 46万500円
 1.30%
 【ダイドーグループホールディングスの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2019年12月16日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ザイ・オンライン編集部

最終更新:2019/12/25(水) 17:00
ダイヤモンド・ザイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ