ここから本文です

中国、韓国戦で「少林サッカー再び」 “スパイク裏の襲撃”を韓国糾弾「格闘技をするのか」

2019/12/16(月) 6:10配信

Football ZONE web

後半7分、韓国MFユン・イルロクの右腕を中国MFリー・ハンの右足裏が直撃

 韓国代表は15日、地元で開催されているE-1選手権第2戦で中国代表に1-0で勝利。圧倒的にボールを支配しながら虎の子の1点を守り切って逃げ切ったなか、日本戦でのラフプレーが注目を浴びていた中国が激しさを増し、再びスパイク裏で相手をヒットするファウルが飛び出した。韓国メディアは「中国の少林サッカー再び」「格闘技をするのか、サッカーをするのか…」と糾弾している。

【画像】「格闘技をするのか…」と韓国メディア糾弾 中国代表MFリー・ハンがスパイク裏で韓国代表MFにキックした瞬間

 韓国は前半13分にDFキム・ミンジェのゴールで先制するも、その後はボール支配率70%以上を誇りながら追加点を奪えずに試合は進んでいった。徐々に球際の攻防が激しくなるなかで迎えた後半7分だった。

 横浜F・マリノスから済州ユナイテッドへ期限付き移籍しているMFユン・イルロクが体ごと球際に向かった一方、中国代表MFリー・ハンはやや遅れてボールに向かって右足を振り上げる。次の瞬間、リー・ハンの右足裏がユン・イルロクの右腕を直撃。ユン・イルロクは衝撃でピッチに倒れ込み、リー・ハンにはイエローカードが提示された。

 中国は10日に行われた大会初戦の日本戦、DFジャン・ジーポンがMF橋岡大樹(浦和レッズ)の首元に衝撃のカンフーキックをお見舞い。一発退場とならず大きく注目を集めていたが、再び飛び出したラフプレーに韓国メディアも即座に反応した。

 韓国のスポーツ・芸能専門サイト「スポータルコリア」は、「中国の少林サッカー再びにベント監督は激怒」との見出しで取り上げている。

「中国の少林サッカーは、日本戦に続き韓国戦でも光(?)を放った。パウロ・ベント監督は激しく主審に抗議、観客席からはブーイングが起こった。中国は日本戦で非紳士的なタックルを行った。選手生命を脅かすほどのプレーだった。予想通り、中国は韓国戦でも強烈タックルで対抗した。後半7分、ユン・イルロクにキックを彷彿させるファウルで警告。時間が経つにつれ、中国の非紳士的行為はよりひどくなった。格闘技をするか、サッカーをするのか競技が混在していた」

 記事では、中国を「スポーツマンシップのすべてを失った」と糾弾するとともに、「韓国も中国の非紳士的なプレーに対抗しようと強く出たが、もちろん中国のような非紳士的ファウルは試みなかった」と母国代表の戦いぶりを評価している。

 韓国は18日の最終戦で優勝を懸けて日本と対戦。因縁の「日韓戦」はどのような試合となるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/16(月) 16:35
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事