ここから本文です

まだ22歳の学生社長が得た、23億円の「使い道」

2019/12/16(月) 5:35配信

東洋経済オンライン

 「あ、バイトしよ」。予定をドタキャンされた若い女性がスマートフォンを取り出してアルバイトを探し始める──。女優の橋本環奈が出演するCMが首都圏を中心にテレビやYouTubeで流れている。

【写真】橋本環奈も「あ、バイトしよ」と叫ぶ、タイミーのCM

 この単発アルバイトのマッチングアプリ「タイミー」は、面接なしで1日単位で働けてすぐにお金を受け取れる、ワークシェアリングサービスだ。2018年8月にアプリをリリースし利用者数は43万人(12月6日時点)と、右肩上がりの成長が続く。

 サービスを運営するタイミーの小川嶺(おがわ・りょう)社長は立教大学4年生で現在22歳。2017年8月に会社を設立、今年10月には20億円の資金調達を発表し、引受先にはジャフコやJR東日本スタートアップなど複数の名だたるベンチャーキャピタル(VC)や企業、エンジェル投資家が名を連ねる。未上場だが、今回の資金調達はすでに4回目で、累計で23億円超を調達している。

■借金返済のために日雇い労働も

 現在タイミーを利用できる店舗は7000店(12月6日時点)。串カツ田中ホールディングスや大戸屋など、大手外食チェーン14社を含む2000社が導入済みだ。対象エリアは関東、関西、福岡で、来春に名古屋支社の開設を予定する。順次、札幌や仙台など、主要都市へと広げていく計画だ。

 「大学2年生のころ、日雇いのアルバイトを掛け持ちしていた。そのときに自分がほしいと思ったアプリを開発した」(小川社長)。20歳で小川社長はファッション分野で起業したが、事業存続に悩み、潰す決断をした。残ったのは借金30万円(うち20万円が親から)だった。

 返済のために朝からファストフードやカフェチェーン、コンビニエンスストアで働き、運送会社の倉庫で日雇いアルバイトをしたこともある。日雇いで働く場合、面接を受けてメールで案件が流れてきて、前日になると確認の電話がかかってくる。お金が振り込まれるのは翌週や翌月末だ。「なんで今さらメールを使っているんだろう。アプリで完結すればいいのに」。

1/4ページ

最終更新:2019/12/16(月) 12:59
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事