ここから本文です

RS Technologies(3445)、QUOカードの株主優待を廃止! 従来は3000円分のQUOカードがもらえたが、株主優待を廃止して「1株あたり5円」の増配を発表!

2019/12/18(水) 23:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 【※関連記事はこちら! 】
⇒株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を紹介!  優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3! 

【詳細画像または表】

 株式会社RS Technologiesが、「QUOカード」の株主優待を廃止することを、2019年12月18日の15時30分に発表した。

 RS Technologiesの株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に『QUOカード』(3000円分)を贈呈」というものだった。

 しかし、この株主優待は、2018年12月末に実施された分を最後に「廃止」されることになった。

 RS Technologiesが株主優待を廃止する理由は「当社は、株主の皆様に対する公平な利益還元のあり方について慎重に検討を重ねてまいりました。その結果、配当金により利益還元を行うことがより適切であるとの判断に至り、2019年12月期の期末配当予想につきまして、前期実績の1株当たり10.0円から5.0円増配し、1株あたり15.0円に修正するとともに、現行の株主優待制度を廃止することといたしました」とのことだ。

廃止されるRS Technologiesの株主優待制度の詳細と利回り
  ◆廃止されるRS Technologiesの株主優待制度の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  12月末
  100株以上
  QUOカード(3000円分)

 RS Technologiesの2019年12月18日時点の株価(終値)は3930円なので、株主優待が実施されていたら、株主優待利回りは以下のようになっていた。

 (100株保有の場合)
投資金額:100株×3930円=39万3000円
優待品:QUOカード3000円分
優待利回り=3000円÷39万3000円×100=0.76%

 RS Technologiesの株主優待は、個人投資家に人気の「QUOカード」だったが、残念ながら廃止が決定された。その代わり、2019年の期末配当が「1株あたり5円」増配されることが発表されたものの、配当利回りは0.25%⇒0.38%になっただけなので、増配を評価するよりも株主優待の廃止を悲観する個人投資家のほうが多そうだ。実際、SBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、本日(12月18日)の終値3930円より195 円も安い3735円(-4.96%)を記録しており、明日以降の株価には要注意。

 RS Technologiesは、ウェハ再生事業のトップシェア企業。2019年12月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高12.6%増、営業利益3.8%増、経常利益0.2%増、当期純利益は36億2100万円で増減なし。

 【※関連記事はこちら! 】
⇒株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を紹介!  優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3! 

 ■RS Technologies

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 金属製品
 3445
 東証1部
 12月末
 株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 3930円
 100株
 39万3000円
 0.38%
 【RS Technologiesの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2019年12月18日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ザイ・オンライン編集部

最終更新:2019/12/18(水) 23:05
ダイヤモンド・ザイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事