ここから本文です

元カープ・梵英心 激動の野球人生Vol.2「中日の春季キャンプで感じた挫折感」

2019/12/20(金) 6:08配信

広島アスリートマガジン

 駒澤大4年になる直前の春、梵氏は山田久志監督率いる中日ドラゴンズの春季キャンプに参加する機会を得た。場所は沖縄の北谷で、全日本のユニホームを着用して2月1日のキャンプインから合流。約2週間の参加ではあったが、井端弘和氏や立浪和義氏といった名選手に混じり、一通りの練習をこなしていった。

「よく覚えているのは福留孝介さんに茶々を入れられたことです。ロングティーのときに隣同士だったんですが、逆風だったこともあって僕は全然打球を飛ばすことができませんでした。すると福留さんが『お前、全然飛ばないな』と。『どうすれば飛ぶようになるでしょうか』。緊張で声が震えましたが、意を決して質問をぶつけてみました」

 この質問に対し、福留は言葉ではなくバッティングで回答した。普段は左打席ながら、不慣れな右打席に入り軽々と打球を飛ばし始める。圧倒された梵氏は極度の緊張も手伝い、それ以上は何も質問することができなかったという。

「プロの世界に触れることで普通ならプロ入りへの思いが強くなるのでしょうが、自分の場合は逆でした。正直、『これは無理だ。レベルが違いすぎる』と思いました」

 話はさかのぼるが、大学3年秋の神宮大会で優勝したあと、梵氏は全日本の代表メンバーに選出されている。その際にすでに日大の村田修一、早稲田大の和田毅、鳥谷敬らのレベルの高さに衝撃を受けていただけに、それを上回るレベルのプロを目指すことなど考えられなかった。

 卒業の時期が迫るなか、梵氏の心は揺れていた。野球を続けたいという気持ちはある。しかし、社会人野球に進むようなパイプはない。実家の寺を継ぐのであれば、京都に資格を取りに行かなければならない。理想と現実のはざまで、梵氏の気持ちは大きく揺れ動いていた。

 そして2002年秋。野球を続けることを諦め広島に帰ろうと学業に専念していたとき、駒澤大の太田誠監督から思いも寄らない言葉を投げかけられた。

●梵 英心(そよぎ えいしん)
1980年10月11日生、広島県出身。三次高-駒澤大-日産自動車-広島(2006~2017年)-エイジェック(2018年~)。2005年大学生・社会人ドラフト3巡目でカープ入団。2006年に新人王を受賞。2010年には打率3割(.306)をクリアし、43個で盗塁王、ショートとしてゴールデン・グラブ賞にも輝いた。2013年には選手会長に就任。2017年オフにカープを退団。2018年に社会人野球・エイジェックで選手兼コーチとしてプレー。2019年10月11日に現役引退を発表した。11月2日には初の著書『梵脳 失敗したらやり直せばいい。』を出版した。

広島アスリートマガジン編集部

最終更新:2019/12/20(金) 6:08
広島アスリートマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ