ここから本文です

「初婚の40歳男性」 or 「バツイチの40歳男性」 結婚するならどちらを選ぶ!? イマドキの結婚観をご紹介!

2019/12/21(土) 20:10配信

with online

■初婚の40歳男性? それともバツイチの40歳男性?

晩婚化が進み、さらに未婚率も上昇している日本。生涯(50歳時)未婚率は、男性はほぼ4人に1人の23.37%、女性もほぼ7人に1人の14.06%に。(総務省「国勢調査」/平成27年)一方で、3組に1組は離婚する時代と言われていますよね…。
「初婚の40歳男性」も「バツイチの40歳男性」も珍しくない世の中。じゃあ、もしどちらかと結婚するならどっちがいい?

今回、未婚のwith girlsを対象に、「もしもどちらかと結婚するなら、【初婚の40歳男性】と【バツイチの40歳男性】どちらを選ぶ?」という究極の二択をアンケート調査! 現代のアラサー未婚女子たちは、はたしてどちらを選んだのか…。赤裸々コメントとともにイマドキの結婚観をご紹介します。

■やっぱり相手も初婚がいい!「初婚の40歳男性」派が約6割に

初婚の40歳男性」を選ぶ:61%
「バツイチの40歳男性」を選ぶ:39%

「初婚の40歳男性」が約6割という結果に。自分も初婚だから相手も初婚がいいと思う人が多いようです。では、現代のアラサー未婚女子たちの本音を探るべく、それぞれ詳しく見ていきましょう!

【初婚の40歳男性派】「初婚の喜びを共有したい」「バツイチは前妻と比べられそう」

はじめに、「初婚の40歳男性」を選んだ人たちの意見を見ていきましょう。
「初婚の喜びを共有したい」(30歳/事務)
まず見られたのは、「初婚」にこだわるコメント。

・「自分が初婚なので、相手も初婚の人がいいと思ってしまう」(26歳/公務員)
・「初婚の喜びを共有したいから」(30歳/事務)
・「結婚後の初々しさがほしいし、相手を喜ばせるためにいろいろと考えてくれそう」(26歳/医療)

やはり自分が初婚だから相手も初婚がいいと求めてしまうよう。たしかにバツイチの男性だとプロポーズも結婚生活も経験しているので、なんとなく特別感は薄れてしまうのかもしれません…。

また、40歳で初婚ということに対して、「仕事や趣味に打ちこみすぎて、出会いを求める余裕がなかったのかもしれないから」(29歳/事務)、「自分が納得いく人生をちゃんと歩んでいて、結婚が後回しになっただけかも」(27歳/事務)、「仕事が忙しくてご縁がなかっただけの人もいると思うから」(29歳/不動産)など、前向きな意見が見られました。
「前妻と比べられそう」(28歳/美容)
バツイチの男性に対するマイナスなイメージ、そして前の奥さんにまつわる懸念点を挙げる人も。

・「離婚歴あると前妻とか子供とか養育費とか気を遣いそう」(26歳/IT)
・「結婚が上手くいかなかった理由は色々あるだろうけど、前妻と比べられそうで嫌」(28歳/美容)
・「親にバツイチの人を紹介しにくい」(29歳/航空)
・「バツがついていると子供がいたり、前の奥さんとの事があったり色々面倒くさそう」(28歳/教育)
・「バツイチの人は何かしらの難がありそう」(26歳/福祉)
・「一度バツがついてしまうと2回3回も同じだと考えそうで、結婚しても簡単に離婚してしまいそうだから」(34歳/事務)
・「結婚の現実を体験したことがあるから女の悪いところにばかり目がいき、真剣に扱ってくれなさそう」(29歳/製造)

たしかにバツイチだと前の奥さんの存在が多少なりとも気になりますよね。もしもちょっとしたケンカのときに、「あー前の奥さんは…」なんてイヤミを言われたら「じゃあなんで離婚したのよ!!!」と修羅場化しそうですね…(そんなこと言ってくる男はそういう点が離婚の一因になったでしょうけど…苦笑)。

1/2ページ

最終更新:2019/12/21(土) 20:10
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ