ここから本文です

木下博勝氏、ヤバいほどの「序列への執着」とジャガー横田が「最高の妻」である理由

2019/12/22(日) 22:00配信

週刊女性PRIME

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

【写真】ジャガー実母の葬儀で号泣する木下氏、当時まだ幼かった大維志くん

第35回 ジャガー横田

 女子プロレスラー・ジャガー横田の夫で、医師の木下博勝氏のパワハラ疑惑を『週刊文春デジタル』が報じました。木下氏と働いていた准看護師の男性が、同氏のパワハラ行為の損害賠償として300万円を請求、応じない場合は法的措置も辞さないと戦う気マンマンのようです。木下氏は所属事務所を通して、書面で「事実と異なる点が多数ある」と反論しています。

 パワハラ行為とは、どんなものだったのか。『週刊文春デジタル』から抜粋してみましょう。

 木下氏と准看護師は車で訪問診療をしていたそうです。同行した新人助手がドアを閉める音が大きすぎると感じて気に入らなった模様。准看護師に対して突然怒りだし、

木下氏「そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ、お前。考えろ」
准看護師「はい、すいません」
木下氏「『はい』って言ってるけどな、鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。お前、払えると思ってんのか慰謝料」

 言葉だけでなく、准看護師の運転が気に入らないときは、後部座席から蹴ってきたり、頭を小突いたりしたそうです。

 准看護師は「木下先生は医者が一番偉いという考えなんです。助手の僕が気を遣うのは当たり前で、『おれを誰だと思っているんだ』が先生の決まり文句でした。病院には内科の先生が多いのですが『外科医であるオレは内科医よりも偉い』と話すこともありました」とも話しています。

「序列にこだわる」木下氏

 パワハラかどうかは双方の言い分を聞いて法律の専門家が判断することですから、私は何も言えません。が、木下氏は「医師は看護師より上」「外科医であるオレは内科医よりも偉い」といった具合に、「序列にこだわる」傾向があるように私は感じました。看護師は自分より「下」だと思っているからこそ、暴力に訴えたり、自分の価値をおカネではかるような話をするのではないでしょうか。

 ジャガー夫妻は結婚当初から、テレビカメラの前で木下氏がジャガーをからかうようなことを言い、怒ったジャガーにビンタされたりプロレス技をかけられて「ごめんなさい、許して」という寸劇を繰り広げていたことから、恐妻家と見られてきました。それゆえにネットでは、ジャガーが怖すぎて、そのストレスが職場の看護師に向けられたのでは? という意見がありました。つまり、ジャガーがヤバい妻だから、夫までヤバくなってしまったという考えなのでしょう。

 ですが、この夫妻、本当に「気弱な夫と鬼嫁」の組み合わせなのでしょうか?

1/3ページ

最終更新:2019/12/24(火) 19:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事