ここから本文です

侮れない冬の唇荒れ 胃腸障害などの病気の恐れも

2019/12/24(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

空気が乾燥する冬は唇が荒れがちだ。放置していると重症化しかねない。また、胃腸障害など他の疾病が潜んでいることもある。決して侮らずに、唇荒れにつながる習慣を見直し、予防、改善に努めよう。
冬は唇の荒れが気になる季節だ。ユースキン製薬(川崎市)が10~40代の女性1000人を対象に行った調査では、85%の人が唇の荒れを自覚。そのうちの半数以上が軽度のかさつき、約20%が皮むけや軽度のひび割れ、約10%がひび割れて出血や痛みがあると答えている。
唇は粘膜と皮膚の境目にあり、他の部位の皮膚とは構造が異なる。アオハルクリニック(東京・港)院長の小柳衣吏子氏は、「油分を保つ皮脂膜がほとんどなく、皮膚の外側の角層が非常に薄い」と解説する。そのため、水分が蒸発しやすく、バリア機能を保ちにくい。外的刺激の影響も受けやすいという。
唇荒れに最も影響するのは、気温や湿度の低下による乾燥だ。乾燥により唇が乾くと、なめてうるおそうとしがち。だが、唾液とともに唇に残る水分まで蒸発するので、かえって乾燥が進む。
唇が荒れると気になって、なめるほか、かむ、唇を巻き込んでぎゅっと閉じる、皮をむくといった癖が生じやすい。「そうした癖が、唇荒れを助長する悪循環につながってしまう」(小柳氏)
また、冬には見落とされがちだが、唇は紫外線の影響も受けやすい。乾燥が進みバリア機能が低下した状態で無防備に紫外線を浴びると、「唇が荒れるだけでなく、外縁に点々とシミができることもある」(小柳氏)という。

東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)皮膚科臨床教授の関東裕美氏は、「歯磨き剤に含まれる洗浄成分が刺激となって、唇荒れを起こしているケースもある」と指摘する。唇荒れが気になるときは、歯磨き剤の使用を中止し、歯ブラシでのブラッシングやフロスのみで様子を見ると、改善することもある。

唇の荒れを防ぐには、保湿と紫外線対策をすることが大切だ。「保湿にはワセリンなどをこまめに塗る。特に就寝前にしっかり塗ると効果的。冷たい外気に触れる外出時にはマスクの着用を」(関東氏)。スキーやゴルフなど野外で長時間過ごすときは、保湿だけでなく、紫外線防止効果のあるリップクリームなどでのケアも忘れずに。
唇の皮むけやひび割れが悪化すると、唇や口角に亀裂や出血、ただれなどが生じる口唇炎や口角炎になることもある。その場合は「治療効果のある医薬品のリップクリームを使うといい」(小柳氏)。
顔の皮膚が新しく生まれ変わるまでの日数は約1カ月間。一方、唇は3.5~10日間と短い。しっかりケアをしていれば、唇の荒れは肌荒れよりも改善しやすい。それにもかかわらず、症状が長引く場合は、乾燥以外の原因も考えられるため皮膚科を受診したい。
例えば、「口角炎がなかなか治らなかったり、繰り返したりする場合は、胃腸障害や自己免疫性疾患の可能性がある」(関東氏)。口腔内に違和感を伴う場合は、食物や金属などのアレルギーとの関連が疑われる。
また、風邪や疲労などから免疫力が低下すると、唇に水疱ができる口唇ヘルペスを発症することがある。口唇炎と症状が似ているが、それぞれ治療薬は異なる。市販薬を誤って使用すると症状が悪化することがあるので、安易な自己判断は禁物だ。
唇は会話中などに意外と目につきやすく、荒れていると不健康、不衛生といった印象を与えることもある。保湿や紫外線対策で、うるおいのある健やかな唇を維持しよう。
(ライター 田村知子)
[NIKKEIプラス1 2019年12月14日付]

最終更新:2019/12/24(火) 7:47
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ