ここから本文です

1930年代戦時体制下のハイキング文化が学べる「近代的徒歩旅行展」が山口県下関市で開催中

2019/12/24(火) 16:38配信

ウォーカープラス

山口県下関市の下関市川棚温泉交流センター川棚の杜・烏山民俗資料館で、2020年2月18日(火)まで「烏山民俗資料館企画展『近代的徒歩旅行』」が開催されている。

【写真】ハイキングにも歴史があることがわかる貴重な展示

19世紀末のヨーロッパで生まれたハイキングは、昭和のはじめに日本でもブームとなったが、1935(昭和10)年代戦時体制の進行とともに政府は「ハイキング」を「徒歩旅行」と言い換えて青少年の心身鍛錬を強調するようになり、もとの行楽的要素は排除されていった。同展では、1939(昭和14)年発行の「青年徒歩旅行」を中心に、同時期の紀行文や古写真を併せて紹介する。

担当者は「本展では、下関駅を起点に企画されたパンフレット『ハイキングコースー下関中心』および、冊子『青年徒歩旅行』(ともに廣島鉄道局 1939年発行)を中心に、同時期の観光パンフレット・紀行文・古写真も併せて紹介します。鉄道駅を起終点として景勝地をめぐる歩行距離、交通事情、路線バスや渡船などの二次交通の利用、現在の交通網との違いにも注目していただけると幸いです」と話す。

当時の山口のハイキングコースがわかる同展で学び、当時に思いを馳せて歩いてみるのもオススメだ。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

最終更新:2019/12/24(火) 16:38
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事