ここから本文です

G大阪のアデミウソン、小野瀬、藤春、三浦、東口にアンケート! 2019年シーズンのベストプレーヤーは?

2019/12/25(水) 18:17配信

THE DIGEST

 2019年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定するサッカーダイジェスト恒例の「ベストプレーヤー企画」。ガンバ大阪からは、アデミウソン、小野瀬康介、藤春廣輝、三浦弦太、東口順昭の5名に、他クラブで印象に残った選手トップ3を挙げてもらった。各選手の投票結果をコメントとともに見ていこう。

●アデミウソン(FW)
1位 仲川輝人(横浜/FW)
2位 髙萩洋次郎(FC東京/MF)
3位 セルジーニョ(鹿島/MF)
【選出理由】
 仲川選手は得点もアシストも決めているし、毎試合3、4回はビッグプレーも見せている。髙萩選手はFC東京で試合のリズムを作っていて、J屈指のボランチ。セルジーニョ選手は大事な試合で決勝点を奪っていた。

●小野瀬康介(MF)
1位 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/FW)
2位 仲川輝人(横浜/FW)
3位 マルコス・ジュニオール(横浜/FW)
【選出理由】
 ディエゴ選手はフィジカルが強くて、4:6ぐらいの状況でもマイボールにできる。今までのFWで一番衝撃を受けた。マリノスの戦術に仲川選手は欠かせないし、すべての攻撃的ポジションをこなせるマルコス選手も凄い。
 
●藤春廣輝(DF)
1位 古橋亨梧(神戸/FW)
2位 仲川輝人(横浜/FW)
3位 チアゴ・マルチンス(横浜/DF)
【選出理由】
 一瞬の隙を突く上手さもある古橋選手には、かなり手こずった。仲川選手は裏への抜け出しとラストパスの精度が高く、毎試合ゴールに絡んでいる。チアゴ選手はチーム内でも話題になったほど、とにかく1対1が強かった。

●三浦弦太(DF)
1位 アンドレス・イニエスタ(神戸/MF)
2位 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/FW)
3位 ジョー(名古屋/FW)
【選出理由】
 全員、個の能力がJリーグではずば抜けている。イニエスタ選手は日本ではお目にかかれないレベルの質がある。ディエゴ選手はなんでもできる素晴らしいFW。ジョー選手はどのゲームでも、やっぱり一発で試合を決められる。

●東口順昭(GK)
1位 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/FW)
2位 鈴木武蔵(札幌/FW)
3位 永井謙佑(FC東京/FW)
【選出理由】
 ディエゴ選手は強くて、速くて、上手い嫌なアタッカー。鈴木は新潟時代に一緒にプレーしていた頃から速かったけど、それを活かせるようになって、技術力も上がった。永井選手のスピードは攻守両面で脅威になっていた。

取材●下薗昌記(フリーライター)

※『サッカーダイジェスト』2019年12月26日号より転載
 

最終更新:2019/12/25(水) 18:21
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ