ここから本文です

SKE48・野島樺乃がクリスマスイベントで美声を披露!「天国にいるみたいな感じ」<Report & Interview>

2019/12/25(水) 6:30配信

ザテレビジョン

12月22日、名古屋・ささしまライブで行われた「SASASHIMA XMAS LIGHTS 2019」(開催期間=12月6日~25日)で、SKE48・野島樺乃のソロステージが開催。会場に集まったファンを前に、JUJUの「やさしさで溢れるように」や自身のソロ曲「夢の在処へ」など全7曲を披露した。

【写真を見る】2019年を「今まで生きてきた中で一番充実してた」と振り返った野島

同ステージは9月の「AICHI GIRL’S EXPO 2019」内で行われた企画「AICHI GIRL’S UNIT歌唱王選手権」の優勝特典。

SKE48のovertureで登場した野島は、「―歌唱王選手権」で優勝を勝ち取った「やさしさで溢れるように」を歌い上げると、テレビ番組でMay J.とデュエットした「ハナミズキ」を披露。続けてアップテンポな「さよならエレジー」で会場を盛り上げた。

その後はAKB48のクリスマスソング「あなたとクリスマスイブ」とソロ曲「夢の在処へ」を伸びやかに歌唱。さらに「星に願いを」をアカペラで披露し、自慢の歌声を存分に響かせた。

そして、最後にBoAの「メリクリ」を歌うと、「すごくすてきな景色を見られて本当にうれしかったです。来年も野島樺乃への応援をよろしくお願いします」とあいさつをしてステージを締めくくった。

■ 野島樺乃 終演後インタビュー

――まずは今日のステージの感想から聞かせてもらえますか。

正直、お客さまが来てくださるか不安だったので、まずステージに上がって客席が埋まっていることがうれしくて。歌っていて、すごく気持ちよかったです。自分が天国にいるみたいな感じで、幸せしかなかったです。

――今回のセットリストはどうやって決めたんですか?

単純に私が歌いたい曲を選んでスタッフさんに送ったんですけど、それだと持ち時間に収まらなかったので、その中からさらに厳選した曲になりました。

――だからショートバージョンの曲が多かったんですね。

そうなんです。でも、「やさしさが溢れるように」と「ハナミズキ」は、私が2019年に歌ったなかでも大切な曲だから、ここでちゃんとやろうかなって思っていたので、フルコーラスで歌わせてもらいました。

――取材させていただくことになって、何を歌うんだろうと考えたときに「メリクリ」が野島さんに合いそうだと思っていたので、実際に歌われて驚きました(笑)。

ファンの方からもSNSで「メリクリ」を歌ってほしいとコメントをもらっていたんですけど、「歌うよ!」って思いながらコメントを読んでました(笑)。

――今回はクリスマスのイベントということなので、野島さんはアイドルではありますが、女の子として理想のクリスマスデートがあれば教えてください。

クリスマスマーケットとかイルミネーションを楽しみたいです。特別なことはしないでよくて、クリスマスマーケットでクリスマス気分を味わって、おいしいご飯を食べて…普通が一番!(笑) 夜景を見に行きたいっていうのはあるんですけど、別にクリスマスじゃなくてもいいかな。

――2019年は「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で優勝したのを皮切りに、25thシングル「FRUSTRATION」で選抜メンバーに入って、ソロで企業のCM曲にも抜擢。さらに「AICHI GIRL’S EXPO 2019」で行われた企画でも優勝して、今回のステージの出演権を獲得と、まさに飛躍の年だったと思うんですが、野島さん自身は、2019年はどんな年だったと感じていますか?

この質問、最近よく聞かれるんですけど(笑)、今まで生きてきた中で一番充実してたなって思います。プライベートもお仕事も。ちょっと大げさな言い方になりますけど、生きていてとっても楽しかったです(笑)。

例えば、今日のステージのために、朝起きたときに「あ、練習しなきゃ」って思ったり、次から次にやることが出てきて、無駄な時間がなく有意義に時間を使えていたので、すごく良い年だったんじゃないかなと思います!

――ちなみに、プライベートで充実していたというのは具体的には?

今、高校3年生で卒業が控えているんですよ。だから、ちゃんと学校に行って、テストを受けて、普通の学生生活も楽しめました。芸能活動の方に専念しちゃうと、お友達と遊びや旅行に行ったりというのがなかなかできないんですけど、いい具合にお友達と遊びに行ったりもできていたので、プライベートも充実していたかなって思います。

――そんな野島さんの2019年を漢字一文字で表すと、何になりますか?

こういう質問ちょっと苦手…(笑)。もう発表されたじゃないですか!

――いやいや、清水寺で発表されるやつの予想じゃないですから(笑)。

(しばらく考えて)「実」かな? “充実”の“実”でもあるし、私は歌しか取りえがないんですけど、小学生の頃からコツコツ続けてきた歌が、“実った”というにはまだ早いかもしれないですけど、形になり始めてきた年かなって思うので。

――そして、2020年1月15日(水)には、野島さんも選抜メンバーとして参加しているSKE48の26thシングル「ソーユートコあるよね?」が発売になります。既に先行配信、MV公開もされているので、注目ポイントなどを教えてください。

流れているのを何となく聞いているだけでも、“ソーユートコあるよね?”っていうキャッチ―なフレーズが繰り返されるので、耳に残りやすいと思うんですけど、歌詞をよく聴いてみると、すごく切ない男の子のことが書かれているんです。

マイペースな彼女に振り回される様子が描かれていて、共感できるところも結構あるんじゃないかと思うので、歌詞に注目していただいても面白いんじゃないかなって思います。

振り付けはDA PUMPのTOMOさん、U-YEAHさん、KENZOさん、DAICHIさんさんにしていただいたんですけど、立ち位置の構成も今までとは違うんです。以前はそのとき歌っている子を真ん中に動かしたりして、見えやすくすることが多かったんですけど、今回はフォーメーションを重視して、ステージ映えする構成になっているので、ぜひ生で見てほしいなって思います。

あとは、私がどの部分を歌っているか探してみてください!(笑)(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/25(水) 6:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事