ここから本文です

プレミアは異色? ポジション別、年齢別…欧州5大リーグの年俸傾向を英専門社が公開

2019/12/26(木) 11:30配信

Football ZONE web

各国ともFWの平均年俸が高いなか、スペインやドイツは30代の実績ある選手が高額傾向

 英国のリサーチ会社「スポーティング・インテリジェンス」が、欧州5大リーグに関するポジションや年齢の分類ごとのデータを公開。イングランド・プレミアリーグと他リーグで30歳以上の選手に対する大きな傾向の違いが判明している。

 今回の調査では欧州5大リーグの中で最も平均年俸が高いのはプレミアリーグ(317万3264ドル/約3億5000万円)で、スペイン1部(254万7061ドル/約2億8000万円)、セリエA(223万1871ドル/約2億5000万円)、ブンデスリーガ(197万9638ドル/約2億2000万円)、フランス1部(129万8449ドル/約1億4000万円)と続くデータが公開されている。そして、この5大リーグの中でGK、DF、MF、FWの4ポジション、それに加えて23歳未満、23~30歳、30歳以上という分類でも平均年俸が示された。

 ポジションごとに比べると、やはりFWが圧倒的に高い年俸を稼いでいるのは明らかだ。なかでも、スペイン1部で30歳オーバーのFWが得ている平均年俸は643万2656ポンド(約9億円)で、セリエAも同条件では474万9589ポンド(約6億6400万円)、プレミアリーグでも457万3833ポンド(約6億4000万円)という超高額のものになった。

 ブンデスリーガでも376万6579ポンド(約5億2700万円)、フランス1部では318万9727ポンド(約4億4700万円)という高額。最終的にチームの勝利をもたらすストライカーには多額の投資が行われ、欧州5大リーグの最前線には実績あるベテランが重宝されていることが窺える。

 そうした影響もあり、年代別に見ればスペイン1部の23歳から30歳の全ポジション平均が190万8790ポンド(約2億6700万円)なのに対し、30歳オーバーの平均は296万3852ポンド(約4億1500万円)と一気に高騰する。これはセリエAやブンデスリーガ、フランス1部にも共通する現象で、どのポジションでも年齢が高い選手ほど年俸が高いという傾向が明確になっている。

1/2ページ

最終更新:2019/12/26(木) 11:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ