ここから本文です

モウリーニョはトッテナムをバラ色の未来に導けるか?【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

2019/12/28(土) 23:30配信 有料

SOCCER DIGEST Web

前任者への賛辞を繰り返し、謙虚にやっていくと述べる

トッテナムの新監督に就任したモウリーニョはこれまでより穏やかで、若々しい印象。選手やスタッフもその魅力の虜になりつつある。(C) Getty Images

 11か月の浪人生活を終え、トッテナムの新監督に就任したジョゼ・モウリーニョ。まさにイメージ一新、穏やかな笑顔を湛えるポルトガル人指揮官は、タイトル奪取というバラ色の未来にクラブを導くことができるのか。(文:オリバー・ケイ/訳:井川洋一 2019年12月19日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イングランド』を転載)

―――◆―――◆―――

 最初は、ちょっと奇妙な感じがした。現場に復帰したジョゼ・モウリーニョだ。監督としての記者会見はほぼ1年ぶり。アンフィールド(リバプールの本拠地)での最後の会見の時よりも、若々しく感じられた。

 2018年12月16日のリバプール戦の翌々日、マンチェスター・ユナイテッド(以下ユナイテッド)から解任を言い渡されたモウリーニョは、それから浪人生活を送っていた。その11か月間で英気を養い、しっかりと準備を整えていた 本文:5,017文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:2019/12/28(土) 23:30
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る