ここから本文です

夫婦の機微を軽やかに描く、アサイヤス監督最新作『冬時間のパリ』

2019/12/30(月) 23:30配信

T JAPAN web

名匠オリヴィエ・アサイヤス監督スペシャルインタビュー

 デジタル化の波を受け、変革を迫られているのは世界共通の風景だ。映画『冬時間のパリ』では、老舗出版社の幹部アランと、彼が担当編集を務めてきた作家レオナールを中心に、文学や出版から人生の価値観まで、とめどない会話が繰り広げられる。同時に、二組の夫婦、同僚、友人らの恋愛事情も、冬のパリを舞台に活写される。ギヨーム・カネ、ヴァンサン・マケーニュ、ジュリエット・ビノシュら演技派スターを束ね、パリのリアルを映し出すのは、『パーソナル・ショッパー』(カンヌ国際映画祭・監督賞受賞)などで知られるフランスを代表するオリヴィエ・アサイヤス監督。

二組の夫婦を取り巻く複雑な人間模様とは…

「もともと世界と私たちの生活が、デジタルへの移行、適応を強いられ、どのように変化しているのかというテーマを10年くらい前から描きたいと思っていたんです。保険会社の話でもよかったんだけれど、自分にとっては慣れ親しんだ文学や映画の業界の方が当然描きやすかったのでね。旧友の編集者と作家が対話するファーストシーンが最初に浮かんで、対話が原動力となってストーリーを転がしていく方法に魅力を感じて。とても楽しく脚本が書けたので、観客にも楽しんでもらえるだろうと。とてもおしゃべりな映画だけれど、タランティーノの映画ほどじゃないから安心してください(笑)」
 監督として長編デビューする以前は、編集者として映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ」に携わり、その後も監督業の傍ら、映画に関するエッセイ、伝記、対談集などを出版してきたアサイヤス監督。美人で優秀な同僚とデジタル化を推進しながらも、紙の本を愛してやまない編集者アランには、監督自身の声が投影されていそうだ。

「確かに業界は時代に順応するよう知恵を絞っているけれど、本という紙の媒体に強い思い入れを持つ層がまだ少なからずいることは数字にも表れている。Eブックの方が紙の書籍より安いというメリットによって、爆発的な変化が起こっているとも思えない。映画も同じで、確かにオンライン・シネマによって、素晴らしい映画も自宅で安く観られるようになったけれど、映画館に人が足を運ばなくなったわけではない。若者も映画館に行くし、作家主義の野心的な作品を観たいというシニア層も多くいる。少なくともフランスにはね。確かに、そのシニア層は僕も含めて、だんだん歳をとっていくけれど(笑)。変化として言えるのは、昔は存在しなかった様々なフォーマットを通して映画に到達することが簡単になったということ。ホームシアターで観たり、アイパッドや携帯電話でも観ることができる。本も映画も選択肢が多様化したということと捉えています」

1/2ページ

最終更新:1/6(月) 16:32
T JAPAN web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ