ここから本文です

【真冬の40歳男子スナップ】モデル、リヒトのコーデはアウトドアにモードをミックス

2019/12/30(月) 10:00配信

WEBUOMO

米国・ポートランドに生活の拠点を移してから早2年。撮影のため東京滞在中のリヒトの私服は、アウトドアウェア中心のポートランドスタイルにすっかり染まっていた!?

アウトドアウェアをベースにおしゃれを楽しんでいます

ポートランドでは基本的に機能性を追求した格好、つまりアウトドアウェアが日常着になっています。ウールのロングコートよりもナイロンのダウンみたいな。正直、軽いし動きやすいしラクなので東京でももちろん活躍します。でも実用性ばかり重視していては時には物足りなく感じることがあるので、しっかり服装はアップデートしていますよ。例えば今季はグッチの新作をいくつか買いましたが、機能服に加え、それらモードな服をミックスして楽しんでいます。東京の街にもよく馴染みます。

オーバーオールにアークテリクス ヴェイランスのフリースカーディガンをレイヤード。「ポートランドではオーバーオールを普段着にしている人がけっこういて。RRLのそれはすっきりとしたシルエットで、もろに作業着に見えないところが気に入っています」。シューズはアークテリクスで、すべてポートランドで購入。

アークテリクスのシェルジャケット、ユニクロのカシミヤニット、ナイキのスウェットパンツとスポーティないでたち。「Tイチで寒くなったらニットやシェルを無造作に重ねる。適当に見えてダークトーンなのですっきり見える気が」。

メインアウターはパタゴニアのダウンジャケット。RRLのスウェット、イートウツのパンツ、グッチのシャツとシューズでモードミックス。「これでデニムもいいですが、今日はコーデュロイパンツで抜け感を出してみました」。

Photos:Daisuke Mizushima[D-CORD]
Hair:KANADA[LAKE TAJO]

最終更新:2019/12/30(月) 10:00
WEBUOMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事