ここから本文です

【なにわ男子】山田涼介の跡を継ぎたい!美しすぎる道枝駿佑の夢について

2019/12/30(月) 14:30配信

NET ViVi

人気急上昇中のジャニーズJr.内ユニット、なにわ男子のメンバーである道枝駿佑さん。14歳のときにドラマ『母になる』(日本テレビ)で俳優デビューをすると、その美しすぎる顔と、どこか悲しげな透明感が、多くの視聴者の心に鮮烈な印象を残した。あれから3年。彼がちょっぴり大人になるのを待ち続けた「tokyo boy cam」は、初めてその素顔を取材した。

>>オリジナル記事を読む! 【なにわ男子】山田涼介の跡を継ぎたい!美しすぎる道枝駿佑の夢について

MY CHARACTER ―心配しぃでクソマジメ―

学校にも仕事にも行っていないときは、家でゆったりしているか、家族と出かけているか、です。僕んちって父親がめちゃくちゃ“場面行動”な人で、思い立ったら突然「今から◯◯行こう!」と言い出すんですよ。それでみんなで遠出するときもあれば、洋服を買いに行くこともあります。家にいるときはギターを弾いたり、映画やドラマを見たり。でも大抵は昼まで寝てしまって、あとはボーッとしている、ということが多いですね。勉強は……、いつも「やろっかなー」という感じです(笑)。

僕の性格は、心配しぃでクソマジメ、です。たとえば目上の人と喋るときとか、「この言葉遣いでいいのかな……」とか考え過ぎてしまって、結局何も喋ることができなかったりするから。あと、すぐに罪悪感が湧いてくるタイプでもあります。授業中に居眠りとかすると、けっこう生マジメに反省しちゃう。それでもマジメなのはいいところかな、と思っています。

悪いところは、いつも話の腰を折っちゃうところ。普段の会話でもコンサートのMCでも、みんながわざと遠回りして会話を膨らませているのに、よくマジレスしてしまうんです。それ言ったら話の広げようがなくなるよ……って。

AS AN IDOL ―四度目の正直―

昔から両親がSMAPさん大好きで。部屋の掃除中も車の運転中もずっとSMAPさんをかけていたんです。そんな環境に育ったので、ジャニーズに憧れて、入りたくて。小6のときにHey! Say! JUMPの山田涼介くんが演じた『金田一少年の事件簿N』を見たのがトドメで、事務所に履歴書を送りました。でも何の連絡もなくて、もう一回送ってまたなくて、もう一回送ってもまたなくて。4回目でようやくオーディションの連絡が来て、それを受けて合格したんです。そこからは憧れの世界をただただ楽しんでいました。

転機が訪れたのはドラマ『母になる』のオーディションに受かったときですね。街中でもファン層以外の人から声をかけられるようになったし、他のドラマにも呼んでもらえることが増えて。俳優は、いずれできたらいいな、ぐらいに思っていたんですけど、もっと出たい!という欲が出てきました。夢は、憧れの山田くんの跡を継いで、五代目・金田一少年を演じることです。ただ、今の僕にはまだスキルが追いついてないなと感じているんですけど。

将来は、アイドルと俳優とトークの3分野で活躍する存在になれたらいいな、と思っています。憧れの木村拓哉さんや山田涼介くんの背中を追いかけたいんです!

1/3ページ

最終更新:2019/12/30(月) 14:30
NET ViVi

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事