ここから本文です

ミシェル・ウィリアムズ、トーマス・ケイル監督と婚約!?

2019/12/31(火) 22:43配信

Numero TOKYO

ミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)が、映画・舞台監督のトーマス・ケイル(Thomas Kale)と婚約したという。

ミシェルは、ミュージカル『ハミルトン』でトニー賞を受賞したトーマスと結婚の予定で、ミシェルのお腹にはすでに新しい命が宿っているとピープル誌は報じている。

ミシェルとトーマスは以前、伝記ドラマ『フォッシー/ヴァ―ドン』で一緒に仕事をしたことがあり、2人は先日、現在ミシェルが『ヴェノム2』の撮影を行っているロンドンのケンジントン地区のブティックで2人にとっての第1子の誕生へ向けて赤ちゃんの服を購入しているところも目撃されている。

一方、2008年に他界した元恋人故ヒース・レジャーとの間に14歳の娘マチルダがいるミシェルは以前、恋愛については常に楽観的だと語っていた。「愛を諦めることはないわ」「いつもマチルダに言っているのよ。『あなたのお父さんは、私に才能があるとか、可愛いとかオシャレだとか誰も思わなかった時から私を愛してくれたのよ』ってね」

また、これまで私生活をプライベートに保ってきたミシェルだが、自身の経験を話すことで同じ問題を抱えた人の助けになることに気が付いたという。「私の私生活については話したくないわ。でも、もしそうすることで誰かの助けになるとしたらって考えるの」「常にこのような道を辿ってきた人がいたとして、私と同じぐらい大変な思いをしたり、同じぐらい色々と見てきたとしたら、何だかの解決の糸口を見つけることが出来るかもしれないってね」「落ち着いちゃだめよ。牢獄だと感じたり、苦しかったり、傷ついたりする関係にはね。愛と感じなければ、それは愛じゃないのよ」

最終更新:2019/12/31(火) 22:43
Numero TOKYO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事