ここから本文です

2020年になっても国民は忘れない! 2019年に安倍総理が成し遂げた10のこと

2019/12/31(火) 8:31配信

HARBOR BUSINESS Online

 2019年は、安倍晋三首相の活躍が目立った年でした。なかでも、日本政治にとって重要と考えられる2019年の十大ニュースをピックアップしました。つい最近のように思えることも、遠い過去のように思えることもあるでしょう。年末年始、一緒に2019年の安倍首相の活躍を振り返ってみましょう。

トランプ大統領への「おもてなし」

◆10位 安倍首相によるトランプ大統領への心づくしのおもてなし

 わが日本国の代表たる安倍首相が、アメリカのトランプ大統領の来日に際して、盛大な「お・も・て・な・し」をしたことは、5月下旬の大きな話題でした。国技館で、炉端焼き店で、安倍首相の太鼓持ち精神が、存分に発揮された数々の名シーンが思い出されます。日本国民にとって真の主人が誰であるか、分かりやすく示された一件でもありました。

◆9位 安倍首相が範を示した大臣辞任での任命責任の取り方

 安倍首相が、自らの任命した大臣や副大臣等の不祥事に対し、どのように責任を果たすのか、明確に示された年でもありました。桜田義孝オリンピック大臣、塚田一郎国土交通副大臣、上野宏史厚生労働大臣政務官、菅原一秀経済産業大臣、河井克行法務大臣と、次々に辞任したにもかかわらず、安倍首相は得意の口先だけで乗り切りました。秋元司元内閣府副大臣の逮捕では、どうなるでしょうか。

◆8位 ついに明らかになった安倍首相の国民への親愛の情

 総理大臣は国民からすれば雲の上の存在ですが、安倍首相が多くの国民を総理主催の「桜を見る会」に招待して、多くの国民との友誼を厚くされていました。安倍首相と昭恵夫人は、自らの選挙区の有権者をたくさん招き、国民の税金で接待しただけでなく、色眼鏡で見られそうな会社の社長や反社会的な勢力の関係者まで招待していました。身内にやさしいご夫妻の性格がうかがわれた出来事です。

沖縄県民の民意など無視。強気な安倍首相

◆7位 江戸の敵を長崎で討ってでも日本のメンツを死守した安倍首相

 安倍首相は、戦時中に日本企業で働かされた韓国の人々への賠償をめぐり、従来の国会答弁で示した方針を変更してでも、文在寅政権に打撃を与えようと頑張りました。安全保障上の問題が持ち上がっても、貿易上の摩擦が生じても、観光客の減少で地域経済が冷え込んでも、安倍首相の強硬姿勢の演出は変わりませんでした。おかげで、日本のメンツが守られたと錯覚している国民もいます。

◆6位 沖縄の民意に屈しない姿勢を貫いた安倍首相

 名護市辺野古での米軍新基地の建設について、2月24日に実施された沖縄県民投票では、7割超の県民が反対の民意を示しました。しかし、安倍首相は、新基地の建設をさらに強行することで、県民の民意を無視する姿勢を貫きました。自らを支持する国民には、税金を湯水のごとく使って接待する一方、異論のある国民には徹底した無視を貫く安倍首相。ふつうの政治家には真似できません。

1/2ページ

最終更新:2019/12/31(火) 8:31
HARBOR BUSINESS Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事