ここから本文です

孫正義はバブルに飲み込まれた〈ウィー、ウーバー……投資先への疑問は噴出するばかり〉/神谷秀樹――文藝春秋特選記事【全文公開】

2019/12/31(火) 6:00配信 有料

文春オンライン

「Japanese Billionaire(日本の億万長者)」――そんな枕詞が必ずと言ってよいほど付いてまわる孫正義さんの名前は、米国メディアに最も頻繁に登場する日本人の名前だ。資産10億ドル以上の人をビリオネアというが、孫さんの資産は230億ドル、世界40位程度というから数字だけ見ればその資格は十分にある。

 何かと評判の悪いサウジアラビアのムハンマド皇太子をリード・インベスター(最大出資者)に招聘して立ち上げた「ビジョン・ファンド」(1000億ドルのベンチャーキャピタル)の総帥としても知られる。ドナルド・トランプ大統領との面談後、彼は米メディアに「アメリカに何十億ドルもの投資をし、100万人もの雇用を産み出す男」(カラ手形にならなければよいが……)として紹介された。

 トランプ大統領やサウジ皇太子に接近するのは、レピュテーション・リスク(評判リスク)を取ることであり、普通の金融マンならやらないことだ。なぜなら、非人道的・非倫理的なこの二人と同類の人間と思われるからだ。

 私自身はウォール街で仕事をしてきた投資銀行家であり、ベンチャー企業の成長資金の調達を生業としてきた者だ。その私の視点からすると孫さんはリスクを取り過ぎだ。 本文:7,125文字 写真:3枚 ウィーワークのパンフレット 都内のウィーワーク (c)文藝春秋 今や「高値づかみ」の孫氏 (c)AFLO

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

神谷 秀樹/文藝春秋 2020年1月号

最終更新:2019/12/31(火) 6:00
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ