ここから本文です

若手声優との結婚を夢見る45歳「子供部屋おじさん」の末路

1/1(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 勉強して進学して、働けば『クレヨンしんちゃん』の父・ヒロシのように家庭を持ち家を建て、ぜいたくは無理でも普通の大人になれると思っていたのに、どうもうまくいかない。そんなわだかまりを抱えさせられた30~40代の就職氷河期世代に対し、まだやり直せるという期待をこめて「しくじり世代」と名付けたのは、近著『ルポ 京アニを燃やした男』が話題の日野百草氏。今回は、若手声優との結婚を20年超にわたって夢見ているという派遣ITエンジニアの男性についてレポートする。

【写真】1990年東京ドームで大学入試

 * * *
 埼玉県春日部市の実家に両親と暮らす福田健人さん(仮名)とは埼玉の春日部駅に近いショッピングモールで落ち合い、行きつけだというモール内のインドカレー屋に向かった。福田さんは45歳、1974年生まれの団塊ジュニアだ。埼玉県内の私立高校から私立工業大学を卒業、現在は派遣のITエンジニアをしている。年収は300万ほど。

「うちの(派遣)会社、めちゃくちゃマージン取られるんですよ。年齢や学歴、技術で足元見られて手取りが減るいっぽうです」

 福田さんによれば、40代で派遣のITエンジニアは特殊能力でもない限り仕事があるだけましで、自分はもらっているほうだという。

「実家住まいなんでお金はかかりません。春日部は都心まで1時間かからないし、地下鉄直結で便利です。家を出る理由がないしお金もったいない」

 福田さんは趣味以外にお金を使うのは考えられないと語る。服は母親がたまに買ってきたもので、好みもないので何でも着るという。ポロシャツのロゴも靴のロゴも某タイヤメーカーのもので、たしかに地方の年配の人によく見られる服装だ。店内でもキャップを脱がないのは若ハゲが嫌だという理由で、これも某タイヤメーカーのロゴが踊る。

「でも実績積めば正社員の道もあるって派遣会社の担当も言ってますし、派遣先でも評価されてます」

 3枚めのナンのお代わりを注文する福田さんは小太りで、童顔な笑みを浮かべる。45歳には見えない。店の前を通ってシネコンに向かう家族連れのお父さんよりずっと若い。お父さんたちはたぶん福田さんより年下だろう。

1/8ページ

最終更新:1/2(木) 9:18
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ