ここから本文です

年末年始の海外旅行、観光に行けず『24』のDVDを見続ける地獄

1/1(水) 8:53配信

週刊SPA!

 この年末年始は暦の関係もあり、12月28日~1月5日の9連休という人も多いはず。なかにはこれを利用して海外旅行を予定している人もいるのではないだろうか。

 だが、旅行の際に気をつけたいのが体調管理。具合が悪くなってドタキャンしたり、ホテルで寝込むなんてことは絶対に避けたい。

トレッキング開始から30分後、体調不良でダウン

 印刷会社に勤める南野由紀夫さん(仮名・42歳)は、数年前の年末年始にネパールを訪問。ヒマラヤトレッキングをするのが目的だったという。

「大学時代の卒業旅行でインドとネパールを旅したのですが、そのときは時間がなくて数時間のショートトレッキングしかできなかったんです。それで独身最後の正月に念願のトレッキング旅行を計画したんです」

 有給を組み合わせて10日の休暇を取り、約20時間かけてネパールの首都カトマンズに到着。そこで1泊し、翌日バスでトレッキングの拠点となるポカラという街に向かった。

「このときトレッキングするはずだったのは、ヒマラヤでもエベレストと同じくらい人気のアンナプルナ山系のコース。私は3泊4日の予定で、事前に手配していた日本語の話せるネパール人ガイドと2人で山に入る予定でした」

 ポカラに到着した日は軽く観光をして、翌朝からトレッキング開始。ところが、歩き始めて30分ほどで急に気持ちが悪くなり、貧血で動けなくなってしまったのだ。

「こんなにひどい立ちくらみは、小学生のころ以来でした。実は、その日の朝、お腹の調子が少し悪かったのですが、海外旅行中は何度も似たような経験をしていましたし、トレッキング初日でもあったので気にしないようにしていたんです。けど、山道で動けなくなるほどだったんで、これはもうムリだと思いました」

 同行するガイドにも「山を下りよう」と言われ、登ってきた倍以上の時間をかけてなんとか下山。先程チェックアウトしたばかりのホテルに戻り、部屋に入るなりトイレへ駆け込んだそうだ。

1/2ページ

最終更新:1/2(木) 13:23
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事